ハンガリーの首都、ブダペストにオープンしたベトナム料理レストラン SÁO は、ウッドをふんだんに使ったモダンな店内デザインと、アジアンテイストのインテリアの融合が、話題を呼んでいます。

天井には、ベトナムから持ってきたという鳥かごや、色とりどりのランプが飾られ、異国情緒を感じながら食事を楽しむことができる、心地よい空間となっています。

店舗デザインを担当したのは、国内外で好評価を得るインテリアデザインや、モダンで斬新な店舗デザインを多く手がける、 POSITION Collective ( ハンガリー )です。

face010715restraunt

レストランの中央に置かれた大きなテーブルは 『 バーテーブル 』 と呼ばれ、ゲストはそこで作りたてのドリンクと、フレンドリーな接客を楽しめるようになっています。

02

テーブルのすぐ横は、ドリンクを用意するための場所に。かっこいい収納ディスプレイにも注目です。

07

斬新でモダンなインテリアデザインに定評のある、POSITION Collective 。このレストランでは、天井に鳥かごとカラフルな提灯を照明デザインに起用し、ゲストがまるで現地にいるかのような、にぎやかなベトナムの街の雰囲気を演出しています。

06

通りに面したカウンター席も魅力的ですね!

05

店内の壁紙とソファーカバーは、このレストランのためのオリジナルデザイン。鳥や蓮の花をあしらった、素敵なパターンとなっています。

04

美しい床のタイルは、ベーシックなカラーで。ウッドの家具とコンクリートの天井とも、ほど良く合う組合せです。

03

さらに奥へとつづく店内。ボックス席はソファーがコーナー状に置かれ、大人数の場合はこちらを個室の用に使用できるそうです。

08

カラフルなベトナムのアジアンテイストを表現しつつも、モダンでトレンディーなレストランデザイン。ハンガリー出身のハイレベルなデザイナーで構成される、POSITION Collective の他のプロダクトは、彼らのウェブサイトからも確認できます。

 

 

参照元 : SÁO Food & Bar by POSITION Collective, Budapest – Hungary -retail design blog