スウェーデンのルレオ空港から100キロほどの、人口600人の村に位置するホテル、『 Treehotel ( ツリーホテル )』 は、モダンで個性的な6つのツリーハウスに宿泊できるという、ユニークなコンセプトのホテルです。

ツリーハウスが位置するのは、妖精たちが住んでいそうな深い緑の谷( 北欧といえばムーミン谷ですが、それはフィンランドでした。)を目の前にした、手つかずの広い森の中です。どのツリーハウスも個性にあふれ、その美しくモダンなデザインは、メディアでもたびたび取り上げられており、「 このツリーハウス見たことある!」 と思う人も多いかと思われます。

それぞれのツリーハウスは、ハシゴを使ってのぼるタイプが多く、どれも冒険心をくすぐるデザイン。鳥の巣やUFOをイメージしたものなど、北欧の森の中で一際、幻想的な雰囲気をかもし出しています。

 

 

THE CABIN

カプセルのようなモダンなツリーハウスは、敷地内の中でも丘の中腹に建ち、目の前の大きなルレ川を見渡すことができる、見晴らしのいい客室です。ダブルベッドを備えた2人専用で、ルーフテラスも備えています。

このツリーハウスの詳細へ

01(11)02(5)03(5)

THE UFO

 

森の中でもUFOに遭遇してしまったら ? 映画の様なシチュエーションを体験できる、ユニークなツリーハウスです。木々の間からその姿を、是非カメラに収めたい!と思うほど、リアルなデザインとなっています。

中のインテリアは、カラフルで宇宙をイメージしたような、とてもキュートな北欧スタイルで、ダブルベットと3つのシングルベットを備えた、5人家族にオススメのお部屋だそうです。

 

05(4)07(6)

THE MIRRORCUBE

 

鏡でカモフラージュされた森の隠れ家。周りの景色を映し出す不思議なキューブ型のツリーハウスは、スチール枠で一本の木の周りに骨組みをつくり、反射鏡で外観をカバーした個性的なデザインです。室内には6つもの窓があり、パノラマチックな風景を満喫できます。

 

09(3)

全長12メートルの吊橋を渡って上がるツリーハウス。部屋は2人用でダブルベットと、小さなリビングルームを備えています。

1011(2)

THE BLUE CONE

 

カバの木を使った、伝統的な木造ツリーハウスは、他のものに比べて地上に近いタイプとなっています。三角屋根と赤いペイントがポイントです。中は意外と広く、4つのベットとバスルーム、ロフトスペースやリビングルームも備えているそうです。

 

13141516

THE BIRD’S NEST

 

大きな鳥の巣をイメージしたツリーハウスは、森と一体化できること間違えなしのデザインです。鳥になった気持ちで滞在を楽しみましょう。室内はダブルベッドと二段ベッドを備えた、家族やグループにオススメのお部屋です。

171819(2)

THE DRAGONFLY

 

このホテルの中で、一番大きなものがこちらのツリーハウスです。広いリビングと両サイドに分かれた2つのベッドルームを備えます。部屋の中で使える Wi-fi なども備えてあり、10人が座れるテーブルもあるので、会議用にレンタルこともあるそうです。

 

21(2)232425

それぞれのツリーハウスは、一泊 5万円前後~と少々値が張りますが、家族や仲間を連れで泊まるとお得です。北欧地方の広々とした森を散策しながら、想像を絶するデザインのモダンなツリーハウスに泊まれるなんて、大人にとっても、子どもにとっても最高の経験となることでしょう  !  また、ホテルのベースには、貸し切りもできる北欧式のサウナを予約できる他、ハイキングや川下り、カヌーなどの体験ツアーも用意しているそうです。

手かずの北欧の自然を贅沢に満喫できるなんて…わざわざスウェーデンに行くのなら、こんな滞在方法もいいチョイスではないでしょうか?

 

 

Tree Hotel ( Sweden )

住所: Edeforsvägen 2A, 960 24 Harads, スウェーデン

Web サイト : http://www.treehotel.se/en/

 

参照元 : Unique Treehotel in Sweden – Beautifullife