イギリスのキッチンデザイナー、Alex Saint ( Kitchen Architecture所属 )が手がけたのは、18世紀に建てられたという、わらぶき屋根のレンガの家にモダンなキッチンを加えた、斬新なアイディアのプロジェクトです。

屋外とも屋内とも言えない、透明感があるガラス張りのキッチンは、外の空気を感じながら料理ができ、まるで庭の一角の温室のような雰囲気でもあります。

天気の良い日も雨の日も、その日の天気や時間帯が食卓を演出します。夕暮れを見ながらビールで一杯。夜は、星空の下でロマンチックなディナータイムというのも素敵ですね。

kitchen-addition-1-1

こちらは、この家の裏庭側からの眺め。歴史を感じるワラぶきの屋根が特徴的な、トラディッショナルな家の外観です。

kitchen-addition-10-1

クラシックな家の中庭に加わった、黒いスチールとガラス張りのモダンな温室型キッチン。一気に現代風というか、ユニークなミックス感がたまりません。日本で言うと、わらぶき屋根の古い民家に、モダンなキッチンが屋外に加わった感覚。とても新鮮なアイディアです !

face020815kitchen

部屋からキッチンへとつづく間口は広く、外からの自然光が入り、室内にも明るさを与えています。

kitchen-addition-2-1

床は中庭と同じ石造りのタイル。キッチンの壁の一部も、部屋の外観そのままのレンガ壁となっています。半屋外のようで室内の要素をそのまま残しています。大きなガラスドアは、スライドして開閉することができ、庭へのアクセスも簡単です。

kitchen-addition-4-1

真っ白で統一されたキッチンは、トレンドのフラットでモダンなデザインとなっています。表に細々したものは出さず、シンプルでモダンなラインを保っています。

kitchen-addition-5-1

光が入るキッチンはみんなの憧れ。そして、気候に左右されず、快適に外の空気を感じながら食事を楽しめるのも、素晴らしいアイディアです。

kitchen-addition-6-1

ゲストを招いて庭でガーデンパーティーをする時には、このキッチンが大活躍しそうですね ! kitchen-addition-9-1

キッチンをリノベーションする際は、今あるキッチンをどうにか改造しようというのが、大抵のアイディアですが…あえて、庭に出してしまおう ! というアイディアがとても斬新です。外にアウトドアキッチンを置くことなく、両方を手に入れれる、良い意味で欲張りなキッチンリノベーションと言えますね !

 

 

参照元 : Quaint English Cottage Gets a Modern Kitchen Addition – freshome