ポーランドの首都ワルシャワにある、1954年に建てられた古いビルの一室が、60年代と北欧モダンをミックスさせた、素敵なアパートメントへとリノベーションされました。

元々は、ダークブラウンカラーだったハードウッドの床をホワイトに塗装し、北欧のテキスタイルブランドであるマリメッコ ( marimekko )の代表作である、大判の花柄ウニッコ ( Unikko )柄からインスピレーションを得たという天井のペイントは、明るいイエローオレンジで、キッチンのイエローと共に部屋に活気を与えます。

コンパクトな間取りなため、デッドスペースには棚やクローゼットを設け、見せる収納を実践した機能的なインテリアデザインが見どころです。

天井のペイントは北欧ブランド、マリメッコ ( marimekko )の大判の花柄、ウニッコを模したペイントが明るく目を引くデザイン。

M44-07-850x565

壁には人型のユニークなペイントや、レンガ壁もデザインされており、ブラックカラーのダイニングセットやランプが空間を引き締めます。

M44-06-850x1280

レンガ壁に本棚、ブラックのテーブルセットで、ダイニングルームは狭い空間ながらも、格調高い雰囲気に演出されています。

M44-10-850x553

玄関先には、靴箱とコートハンガーがのある収納スペースが併設。スライドドアで仕切れるので、ダイニング・キッチンからは目隠しできます。

M44-02-850x1280

イエローでカラフルなポールと、見せても美しいハンガーのデザイン。

M44-03-850x564

リビングルームは、オレンジとイエローカラーが組み合わされた、ビビッドで明るい空間。

M44-04-850x560

ドア側の壁のデッドスペースには、さまざまな型の飾り棚が備え付けられており、本や雑貨をおしゃれにディスプレイすることが可能です。

 

M44-05-850x1280

ベッドルームは赤と紫が落ち着いた雰囲気。ミッドセンチュリーなベッドとランプ、マガジンラックのデザインが、60年代の空間を演出しています。

M44-12-850x566

バスルームはブラックのタイルで全面で覆い、個性的なマルチカラーのキャビネットが引き立つ空間です。ハンガーを2つつなげて、タオルをかけたデザインは、ぜひ真似したいアイディアですね。

M44-13-850x1280M44-16-850x1275

部屋全体がアートな空間で、ユニークな印象のアパートメント。住むのが楽しくなるようなリノベーションデザインに惹かれます !

 

 

『 M44 』 Design by WIDAWSCY STUDIO ARCHITEKTURY.

参照元 : M44 by WIDAWSCY STUDIO ARCHITEKTURY – HomeDSGN