オランダ・ロッテルダムをベースとする建築デザイン事務所、 Kraaijvanger がデザインした 「 Hub ( ハブ ) 」 は、わずか 15 ㎡ ほどのボックスに、キッチンとバスルームが完備されています。

水道と電気の設備さえ整っていれば、空き倉庫でもビルでも、あらゆる場所に住居設備を整えることができるという、優れたアイディア。さらには、暖房設備やインターネットコネクション、スピーカーなども、このひとつに集約しているというから驚きです !

キッチンの他にも、クローゼット付きのベッドルームブースもあり、これなら工賃や手間をはぶき、短期間でアパートを造ることが可能となっています。

hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_4

置くだけで生活空間になるボックス

 

このブースが置ける空間であれば、キッチンとバスルームを気軽に設けることができます。例えば、古い建物で工事が難しそうな場所でも、壁や床を傷つけることなく、生活に必要な設備を整えることが可能です。

本来であれば、二世帯住宅でもないかぎり、ひとつの家にキッチンやバスルームは、ひとつというのが基本でしょうが、「 Hub ( ハブ ) 」 があれば、各部屋にひとつづつということも可能です。そのため、学生寮やシェアアウスなどでの利用や、ホテル経営者からの注目度も高まっています。

hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_2

ブースには予め、照明ライトや暖房設備も付けられているので、建物自体の工事費を削減することも可能です。

セルフリノベーションを考えている人にとっては、画期的なアイディアではないでしょうか ?

hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_0hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_6

クローゼット付きのベッドルームボックス

 

クローゼットが付いた、寝室用のブースタイプもあります。こちらは、プライベートが守れるようにスライドドアも付いています。こちらも、中にスポットライトが付いているので、天井にわざわざ照明を付けるための手間もはぶけます。

ベッドルームとして使用しなくても、書斎や趣味部屋としても使えそうなフリーな空間です。自宅兼オフィスをという人には、ピッタリのブースですね。

hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_3hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_5

天井、壁、床があり、電気や水道さえああれば、どんな場所でも居住空間にできる、素敵な発想のデザインボックス。

リノベーションがミニマムに実現できる、優れたアイディアに脱帽です !

hub-rotterdam-kraaijvanger-modular-kitchen-bathroom-unit_dezeen_1568_1

オランダを中心に、 Hub ( ハブ )を展開している Kraaijvanger  では、取り外しが簡単な Hub ( ハブ )の特徴を活かし、レンタルも提案しているそうで、かなり低予算で完成できる、期間限定のオフィスやシェアハウスなどでの用途が期待されています。

 

 

参照元 : Abandoned buildings can be converted into homes with modular kitchen and bathroom block – dezeen