ドイツ・ ベルリンをベースに活動する、インテリアデザイン事務所、BERLINRODEO interior concepts がリノベーションデザインを手がけた、ロフトアパートメント 『 Alte Wollgarnfabrik  』 は、元製糸工場という古い建物を再利用したプロダクト。

広々とした空間は、ホワイトやベージュ、ブラウンと柔らかいトーンの壁色と、ハードウッドのフローリングで仕上げられ、バランスのとれたエレガントな雰囲気となっています。

この部屋一番のポイントは、鏡の様に透明感のある素材を貼った、大きなパーテーションで、リビングとベッドスペースを仕切った点。大人なポップさを感じる、お洒落なインテリアデコレーションにも目が止まります。

yarn-factory-luxurious-house-1

大きなクリスタルのシャンデリアには、両サイドからスポットライトを当て、さらにその光を鏡のようなパーテーションが、部屋全体に反射させます。

yarn-factory-luxurious-house-2

パーテーションの素材には、レース模様のような美しい装飾がされ、エレガントで上品な雰囲気に。

yarn-factory-luxurious-house-13

透明感のあるパーテーションを置くことで、部屋に奥行きが出ています。これはぜひ真似したいポイントのひとつですね。

yarn-factory-luxurious-house-3

リビングのコーナーは、元製糸工場の名残を残す、レンガ壁がそのまま残っています。大きな窓は、元工場の物件ならでは。光が燦々と入り、明るいリビングスペースです。

yarn-factory-luxurious-house-4

落ち着いたベージュトーンの壁色に、大きく枝を広げた観葉植物たちが、爽やかに映えています。グリーン一点でもインパクトがあるのは、大きな鉢がポイントでしょうか ?

yarn-factory-luxurious-house-5

壁のアートは、アメリカの広告を思わせるカラフルなものを飾り、部屋全体をポップな仕上がりに。絵のテイストひとつで、部屋の雰囲気ががらりと変わりますね !

yarn-factory-luxurious-house-6

気になるパーテーションの裏の空間は、リビングとはガラリと雰囲気を変えた、ベッドスペースとなっています。

yarn-factory-luxurious-house-14

パーテーションには、グレーがかかったブラウンを使い、落ち着いた雰囲気を演出。

yarn-factory-luxurious-house-8

爽やかなブルーのエッグチェアは、ボールドな部屋にアクセントを加えます。

yarn-factory-luxurious-house-11

ベッドルームからつづく、バスルームまでの空間も広々。収納ケースは全てホワイトで統一しています。

yarn-factory-luxurious-house-7

トイレの棚には香水を並べて。フリーダムな異国を感じさせるディスプレイに惹かれます。

yarn-factory-luxurious-house-15

バスルームはさわやかなブルーで統一。広がりのあるクリーンな空間です。洗面台の下の大容量のタオル収納は、とても使い勝手が良さそうです。

yarn-factory-luxurious-house-10

足元と天井に窓を配置した、ユニークなデザイン。グリーンをたくさん取り入れ、タイル石床の心地良い空間となっています。

yarn-factory-luxurious-house-9

ポップなインテリアとカラフルで心地よい空間のリノベーション。参考になりそうな点がいっぱいですね !

 

参照元 : Yarn Factory Converted into Luxurious Home: Loft „Alte Wollgarnfabrik“ in Berlin – freshome