これから一人・二人暮らしを始めるに当たって、悩みがちなのがダイニングスペース。毎日、食事を取ったり、パソコンを開いて作業場としても使えるダイニングって理想的ですよね !

ワンルームなどスペースがない場合は、コーヒーテーブルを食卓代わりにしてしまうのもありですが、上手に空間を有効利用すれば、テーブルと椅子をセットにした、立派なダイニング空間を作ることも可能です。

海外の実例を参考に、省スペースを利用したダイニングのアイディアをまとめてみました。工夫次第ではユニークで、快適なダイニングが実現できます。お部屋づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか?

折りたたみ椅子を常備

 

一人・二人暮らしでは、友だちを呼んでご飯というのも楽しみのひとつです。そうしたときに便利なのが、折りたたみ式の椅子です。

普段は、たたんで空いた隙間に収納でき、いざというときは、さっと広げて使うことができます。一脚常備していると、とても便利なアイテムです。

52c7332bdbfa3f4290001760._w.540_s.fit_

Image : double

収納棚で空間を仕切る

 

リビングとダイニングの間を、収納棚に仕切ってしまうのもベーシックなアイディアのひとつです。収納棚があることで、間仕切りの役割を果たし、リビングとダイニングとの区別化を図れます。

また、必要なものを収納しておくのにも便利。ただ、どちらかの面が背面になってしまうので、下の写真のように棚にカバーを付けると見ためもいい感じです。

let_there_be_light-

image : dwell

一人二役 ! マルチなダイニング

 

IKEA( イケア )の人気アイテムのひとつ、BJURSTAの伸長式テーブル( ¥12、990 )はワーク用のデスク、しかし広げるとダイニングに変身します。

コーナーの壁に棚を設けることで、デスク周りに必要なものも、さりげなく収納することができます。ひとり暮らしの学生のお部屋に活かせそうなアイディアではないでしょうか?

ソファ後ろの空きスペースを有効利用

 

ソファー背面の空きスペースに、ダイニングテーブルを置くアイディアです。下の写真では、ソファの背面にベンチを設けて、より座席を増やす工夫もされています。

たくさんお子さんのいる家庭など、ファミリー向けの間取りにもオススメのアイディアですね。

compact-prefab-new-zealand-living-room

image : dwell

収納式の折りたたみテーブル

 

使わない時はたたんでしまえる、折りたたみのテーブルも非常に便利です。折りたたみ式チェアと一緒に使えるば、より空間を有効に利用できます。

朝食などクイックに食事を済ますことが多い場合は、このテーブルで十分、満足できそうです。

the-everygirl_-collapsable-1

image : Kitchen

棚と折りたたみテーブルが一体化した、IKEA( イケア )のNORDEN / ゲートレッグテーブル( ¥24,990 )

カトラリーやナプキンなどの収納に便利な引き出し6個付いています。両サイド広げることができ、最大で大人6人までが座れ、必要に応じてサイズを変えられる便利なアイテムです。

the-everygirl_-collapsable-2

コーナーベンチ+テーブルが便利

 

お部屋のコーナーに沿うようにベンチを配置し、テーブルをセットすれば立派なダイニングに早変わりです。

座席を増やすことができる他、壁が席の背面にあるので座り心地も良さそうですね。ベンチ下はバスケットを並べて収納として使うのも、便利なアイディアではないでしょうか ?

( image 左 : SKETCH42, 右: little house big city )

smalldining

一人・二人暮らしの小さな空間を快適にしてくれる、コンパクトなダイニングのアイディア。あなたの暮らしにフィットするアイディアは見つかりましたか?