米ロサンゼルスをベースに活動するデザイン事務所、Synthesis Design + Architecture がデザインしたチェア 『 Durotaxis Chair 』 は、まるで透明感のある海のような、ブルーのグラデーションが美しいロッキングチェア

3Dプリンターの最新技術を駆使して作られたこのチェアは、デジタルが作ったとは思えないような、美しいグラデーションが話題を呼んでいます。

チェアは縦と横と2タイプの方向で使用でき、地面と垂直に建てた ” 縦 ” バージョンで使えば、左右に揺れるロッキングチェアとして使用が可能です。

3d-printing-in-durotaxis-chair3

美しいブルーのグラデーションは、まるで南国の透明感のあるビーチの波のようです。

3d-printing-in-durotaxis-chair1

パーツごとに色を変えるという、3Dプリンターの最新テクノロジーを使ったチェア。

3d-printing-in-durotaxis-chair7

3d-printing-in-durotaxis-chair4

エアブラシで塗装ではありません。人の手で作ったように見えますが、コンピューターやマシーンが作り上げたデザインなのです !

3d-printing-in-durotaxis-chair2

去年( 2014 )イスラエルで開催された、デジタルとデザインをテーマにした会議( ACADIA )でお披露目されたそうです。

3d-printing-in-durotaxis-chair5

未来のデザインをかんじる、最新テクノロジーの椅子デザイン。デジタルとデザインとの融合に、大きな可能性と興味を感じますね !

 

 

Durotaxis Chair 』 design by Synthesis Design + Architecture

参照元 : SYNTHESIS 3D PRINTS A ROCKING CHAIR – AN Blog , arch daily