ボルトやスチール、太いパイプなど、ビンテージ感を感じさせる、おしゃれなキッチンデザイン。キッチンインテリアブランド、 Marchi のプロダクト 『 1956 』 です。

調理台のイメージは、第二次世界大戦中にアメリカで活躍した、戦闘機内からインスパイアを受けたものだそうで、スチールやボルトを使ったデザインが特徴的です。

調理台と向かいのコーナーには、黒板ボードがはめられたウッドの棚があり、朝コーヒーやしぼりたてのジュースを作るドリンクスペースと、テレビを置くための場所となっています。

Gorgeous-Kitchen-1956-combines-traditional-elemnts-with-modern-ergonomics

黒板ボードをふんだんに使った、カフェのようなキッチンスペース。

( 関連記事 :家のキッチンがカフェ風に…ブラックボード(黒板)を使ったキッチン20選まとめ )

Skeel-open-shelves-combined-with-closed-wooden-cabinets-in-the-kitchen

スチールとウッド、黒板塗料の組み合わせがポイントです。

Stone-adds-a-unique-visual-appeal-to-the-vintage-kitchen

戦闘機の機内をイメージしたという、スチール製の調理台は、大きめのボルトが飛行機のパーツを連想させる、ユニークなデザインとなっています。

Carefully-crafted-cooktops-and-shelves-crafted-from-steel

中でもこのバケツのような、大きな換気扇に目がとまります。

 

Unique-hood-of-the-kitchen-worktop-is-inspired-by-world-war-II-war-plane-grills

調理台はビンテージ風でも、水道のじゃ口やコンロなどは現代風に。機能性とデザインを兼ね備えています。

 

Closer-look-at-the-details-of-the-1956-kitchen-from-Marchi

 

ダクトの上の空間も無駄にせず、収納棚として利用。見える部分の棚のディスプレイは、キッチンをカフェ風に見せるポイントですね。

 

Beautiful-kitchen-design-combines-contrasting-textures

ビンテージやスチームパンクを感じさせる、カフェのようなおしゃれなキッチンデザイン。参考にできそうなポイントがたくさんですね。

 

 

参照元 : 1956: Stunning Kitchen Wraps Functionality in Delightful Vintage Charm – decoist