今月の北欧モダンのまとめは、この春気になるキーワード、『 植物 × ボヘミアン、レトロな北欧モダン部屋  』 をテーマにまとめてみました。

モダンな北欧部屋に、クラシック感のあるレトロカラーや、ボヘミアンテイストを加えた味のある北欧スタイル。そこに、春らしいフラワーや青々としたグリーンをプラスします。

お部屋づくりのインスピレーションにいかがでしょうか ?

レトロな植物アート × 北欧モダン家具

 

数年前からブームの 「 ボタニカルアート 」。近年よく耳にするようになった言葉ですが、元々は古代エジプトや中国で、薬草を見分けるために描かれた、図表上の植物画がはじまりだったようです。

その時代はカメラも発明されておらず、植物学者と専門の画家が共に行動し、現地で絵が描かれました。19世紀頃になると、その植物画があまりに美しいことから、イギリスやフランスでインテリアとして大流行していったそうです。

今まさにブーム復活のボタニカルアートは、実際の植物画のようなアンティークテイストのものや、水彩画で描いた淡い絵画風のものまで、たくさんの種類を見つけることができ、春らしく壁を彩るボヘミアン・アイテムのひとつとなっています。

▼淡いブルーのボタニカルアートと、桜のような薄いピンクの花が、今年らしい春色カラーの組合せです。

▼北欧柄のモダン布地を使ったクッションと、ボタニカルアートのコラージュ。ばっちりハマるスタイルですね !

outdoorsin-gardeninginspiredvignette

Image : STORIES

IKEA ( イケア ) のカラフルボヘミアンな新作たち

 

スウェーデン発の家具ブランド、IKEA ( イケア ) の春の新作、「 TILLFÄLLE/ティルフェッレ 」は、カラフルでボヘミアンな要素でいっぱいです。

ブラジルからインスピレーションを得た、ボタニカルなパターンが、北欧のデザイン要素とミックスされた、個性的なコレクション。まさに今回のテーマである、『 植物 × ボヘミアン、レトロな北欧モダン部屋  』 にも、ピッタリのコレクションではないでしょうか ?

Tillfalle_pillows_PH131318

Image : IKEA

コルク柄のランプシェード( ¥3,999 )は、ボタニカルアートや観葉植物との相性が良さそうです。

→ IKEA ( イケア ) の新作 「 TILLFÄLLE/ティルフェッレ 」の全商品を見る

Screenshot-2016-03-16-16.21.25

Image : IKEA

魅力的なレトロカラーの組合せ

 

『 植物 × ボヘミアン、レトロな北欧モダン部屋  』 のスタイルをより確立してくれる、レトロカラーの組合せ。今年ファッションでも人気のカーキや、落ち着いたマスタードカラー、ベーシックなチャコールグレーは、ユニセックスなお部屋に合うカラーパレットです。

壁紙やソファーのカバーにレトロカラーを取り入れることで、お部屋の雰囲気がよりシックな装いに変わります。視覚効果のあるレトロカラーのチョイスは、お部屋づくりにおいても重要なポイントとなるでしょう。colorpallet

▼ 室内植物たちがセンスよく飾れたリビングのコーナー。陶器に植物を挿すスタイルも、海外の北欧モダン部屋でよく見かけるアレンジです。

収納棚をアレンジしたデスクスペースは、省スペースを利用した書斎づくりの参考にしたいポイントですね。

ベッドルームもグリーンでいっぱいに !

 

朝目覚めたときに、植物によって浄化されたフレッシュな空気感につつまれながら起きれば、最高の朝を迎えることができそうです。寝室に植物を置くスペースを確保するのが難しい場合は、下の写真の例のように壁から吊り下げるのも手ではないでしょうか ?

ボヘミアンテイストをプラスするには、民芸品のバスケットを壁に飾るのもおしゃれなアイディアですね !

ドリームキャッチャーやキリム柄のクッションなど、白を基調としたシンプルなスペースに、トラディッショナルなアクセントをプラスした、「 ボタニカル × ボヘミアン 」 テイストの北欧モダンなベッドルーム。シンプルなデコレーションは、お手本にしたいものです。

モダンな要素にクラシック感をプラス

 

ランプシェードやソファー、アイランドキッチン、ダイニングテーブルまで、モダンな直線ラインが目立つお部屋です。これだけだと、モダンなお部屋になりますが、そこに一点だけ、クラシックなデザインのアンティークミラーが加わることで、部屋の雰囲気がレトロモダンな北欧部屋に早変わりです。

03-Coterie-01594

Image : Pappytalk

部屋がスッキリと見えるのはなぜ ?

 

このお部屋が、他のお部屋にくらべてスッキリと見えるのには、あるポイントがあります。それは壁のデコレーションが一切ないということです。

よく見ると壁に掛けられているはずのポスターフレームが、床をベースに立てかけられています。これだと壁の部分を広く見せることができ、同時にアートも楽しめるということです。

大小のフレームを重ねて、ギャラリー風にアレンジしてみるのもおしゃれですね。

01-Coterie-Tarkkampujankatu1-00861

Image : Pappytalk

コンパクトなキッチンでポイントとなっているのが、手前のポケットに並べた、小さなサボテンの鉢植えたち。さりげなく、ボタニカルを取り入れたアレンジとなっています。

04-Coterie-00949

Image : Pappytalk

春カラーの新作北欧モダン、サイドテーブル

 

スウェーデンの首都ストックホルムがベースのデザイン事務所、bordbord がデザインした新作のサイドテーブル 「 SIDE TABLE B-11 」。今年のトレンド色、薄いピンクが春らしいカラーのレトロなデザインです。

テーブル下はマガジンラックとしても利用できる、ユニークで機能的なデザインが特徴となっています。リビングやバルコニーなど、さまざまなシーンで活躍しそうな、北欧モダンデザインのサイドテーブルです。

 bordbord  )

Skrmavbild-2016-01-13-kl.-11.50.46_796

春のお部屋のテーマは、『 植物 × ボヘミアン、レトロな北欧モダン部屋  』 ! 部屋づくりや模様替えの参考にしてみてはいかがでしょうか ?