オランダの都市ユトレヒトからご紹介するのは、庭に面した片面がスライド窓でオープンになる、ユニークな建築デザインのミニマルな家。

ユトレヒトの建築デザイン事務所、 Zecc Architecten がコンセプトを考案し、Roel van Norel が細かいディティールなどをデザインした、見事なコラボレーション作品です。

赤褐色のアメリカ産ベイスギをベースに、屋根は石材でできた丈夫な家。住む人の気持ちを明るくさせてくれるような、たくさんの自然光が入る家は、自然の中に溶け込むようなデザインです。

Utrecht_designrulz-5

昼間のうちは窓を開放。夜は木のシェルターで目隠しし、心地良い暮らしを守ります。

Utrecht_designrulz-6

冊子の角度を自由に変えて、光の入り具合を調整できるすぐれもの。

Utrecht_designrulz-7

直線のラインが美しいデザインで、室内はロフト付の広々とした空間となっています。

Utrecht_designrulz-2

三角屋根の形を活かした天井までのびる窓からは、壮大な景色を眺めることができます。

Utrecht_designrulz-16

さらに大きな窓は、玄関のガラスドアとしての役割も果たします。

Utrecht_designrulz-9

玄関の反対側からの窓のデザイン。こちらも個性的でモダンです。

Utrecht_designrulz-10

2トーンカラーをつかった煙突デザイン。

Utrecht_designrulz-14

家の全面が開くって、開放感を感じれていいですよね !

Utrecht_designrulz-1Utrecht_designrulz-3

大自然で周りに何もない場所だからこそ、思いっきり開放感を楽しみたい ! けど、夜は怖いからシェルターを閉めて…という様に、細かいディティールにもこだわった、モダンな山小屋のデザイン。マイホームデザインの参考にもなりそうですね。

 

 

参照元 : Recreation House Near Utrecht by Roel van Norel and Zecc Architecten – Designruiz