スペインの建築デザイン事務所、 Egue Y Seta が手がけたマドリードのアパートメントは、若い夫婦と二人のキッズのためにデザインされた、遊び心たっぷりのお家です。

元々、1950年代に建てられたという家のリノベーション、明るい自然光をたっぷりと取り入れつつ、モダンな備え付けインテリアにこだわりを持っています。本棚とロフトベッド、シャワールームが完備された読書部屋( !? )は、本棚にかけられたハシゴを使って、ハンモックへとお寝転びながら、ゆったりと本を読めるというユニークさ !

彼らのセンスのいい配色や材料づかいは、リノベーションデザインの参考にしたいポイントがたくさん詰まっています。

stair

ファミリー用の広いリビングには、さらに大きな本棚が2つ。ナチュラルで暖かみのあるウッドフロアと、広々としたオープンな空間が快適な雰囲気です。

madrid-apartment-4

バルコニーに面した明るいキッチンは、全面にガラスドアを付け食器棚に。換気扇のダクトまでも扉で隠してしまう、ユニークなデザインが面白いですね !

madrid-apartment-5

元々の屋根の形状をそのまま活かした、とんがり天井のベッドルームとバスルーム。どちらも落ち着いた配色で、空間を広々と見せています。ベッドルーム手前のサボテン専用棚も可愛いですね。

bedroom

二人のキッズたちが仲良く共有する、こども部屋。こちらも高さのある天井を活かし、屋根とロープ付きの二段ベッドが配置されています。

madrid-apartment-7

大きな二面の窓から青空を望みつつ、ゆったりと疲れをとることができるバスタブ。昼間からバスタイムを楽しみたくなりそうな、のんびりとした空間に惹かれます。

madrid-apartment-8

快適でアットホームなリノベーション。VIP WORKS ではこれまでも、スペインの建築デザイン事務所、 Egue Y Seta のプロジェクトを取り上げています。彼らのプロジェクト記事は下記にまとめています。

ターコイズブルーが魅せる、地中海のレトロ・モダンマンション IN スペイン

植物と暮らす、明るくオープンなレイアウトのナチュラルハウス IN スペイン

 

 

参照元 : Madrid Apartment – bress this stuff