外壁をカラフルな花を植えてデコレーションできる、そんな外観デザインが美しい幼稚園を、韓国・ソウルで見つけました。

手がけたのは韓国の建築デザイン事務所、OA: Lab です。ドロップ型の植木鉢付きパネルは、好みの植物を植えて、ガーデニングをより楽しめる他、外壁の補強にもなるという優れものです。

色とりどりの花が咲く、春らしいエクステリアのデザインと、ユニークなアイディアが新鮮ですね !

2

手入れの手間がかからない、エコな外壁プランター

 

通常、植物を外壁に植えるとなると、どうしてもツル科のものを選ぶことも多いと思います。しかし時が経つにつれ、ツル科の植物はスクスクと育ち、たちまち家ごと覆いつくすような、大惨事になりかねません…。しかも、手入れするにも、育ってからは高さもあり、中々手間がかかるのも現実です。

6

この外壁用プランターがあれば、好きな植物を植えることができ、しかも涙型の形状なので、雨水を使って植物のへの水やりが可能です。

3

素材には雨に強い、ガラスファイバーとコンクリートが使用されています。時には雨風から建物を守ってくれるというメリットがあり、見ためもすっきりとして、どんな色の花を植えようかワクワクさせてくれるデザインです。

5

家の外観にはめるだけのシンプルな構造。街のランドスケープにも最適な、素晴らしいアイディアのエクステリアですね !

4

OA: Lab では、環境に優しいエコなプロジェクトを、数多く実現させています。彼らのプロジェクトが気になる方は、WEBサイトからご覧ください。

 

参照元 : House with Plant Pot on its Exterior Wall – designswan