アメリカのアーティスト 、Michael Beitz ( マイケル・ベイツ ) が手がけた、ユニークなテーブル二点をご紹介したいと思います。

二作品は共に去年( 2014 年 )に、ロズウェル・ミュージアム・アート・センター( 米ニューメキシコ州 )で行われた、マイケル氏の個展で発表されたもので、一点目は巨大な木の幹を表現した、ベンチとテーブルのセット 『 Tree Picnic ( ツリー・ピクニック)  』。

二点目のテーブル『 Not now ( ノット ナウ ) 』 は、もつれた木の板がユニークな長テーブルで、これは反社会的なデザインを表現したものだそうです。

▼ニューヨーク州の都市バッファローの庭園、Michigan Riley Farm / ミシガン ライリー ファーム に展示されている、 『 Tree Picnic ( ツリー・ピクニック)  』。

table-5

二点目の作品 『 Not now ( ノット ナウ ) 』 は、もつれた木の板が、まるで人間関係の ”  しがらみ ” を表現しているかのようです。

table-1

table-2

片側からは、対面した相手の顔をのぞくことができません。

table-3

table-4

反対側からは、相手の顔をかろうじて見ることができます。

table-7

Michael Beitz ( マイケル・ベイツ ) のユニークで奇抜なアイディアの作品には、こんなひねくれた形のベンチも。( 彼のオンライン・ギャラリーから彼の作品の数々が閲覧できます。)

aee971fbdaa7df8a7e38137d51bd1b97

まさに家具の枠を超えた芸術作品。さまざまなイマジネーションが湧くテーブルですね !

 

 

参照元 : Branching & Looping Wooden Tables by Michael Beitz – this is colossal