先日19日までイタリア・ミラノで開催された、世界最大級の家具の見本市、ミラノサローネ国際家具見本市。ロンドン在住のデザイナー Philippe Malouin( フィリッペ・マロワン )氏の作品展示場は、かつてナポレオンと最初の妻ジョセフィーヌも住んだという、華やかなセルベッローニ宮で行われました。

Philippe-Malouin-Caesarstone-swings-Milan-2015_dezeen_784_1

豪華な壁画や装飾が美しい王宮ホールに展示されたのは、なんと大人も子どもも喜ぶブランコ ! シザーストーンと呼ばれる石をテーマに作られたものです。

シザーストーンは通常、キッチンのカウンターなどインテリアに用いられる、人工大理石の一種。耐久性の強いこの素材の探求のためもあり、この作品がブランコとしてデザインされたそうです。

Philippe-Malouin_Caesarstone_Milan-2015_dezeen_784_21

来場者たちはこぞって、この頑丈なシザーストーン製のブランコを楽しみます。

Philippe-Malouin-Caesarstone-swings-Milan-2015_dezeen_784_0

美しい王宮の中でブランコに乗るなんて、人生でめったにない機会でしょうね !

palaceswing

隣の広間では、同じくシザーストーンを使った、植木鉢などのインテリアデザインもお披露目されました。

Philippe-Malouin_Caesarstone_Milan-2015_dezeen_784_01

ジオメトリックで直線的なデザインの、モダンな植木鉢やテーブルがデザインテーマとなっています。

Philippe-Malouin_Caesarstone_Milan-2015_dezeen_784_11

王宮とモダンな現代デザインの融合が魅力的ですね。

Philippe-Malouin-Caesarstone-swings-Milan-2015_dezeen_784_3

素材の性質を探求しつつ作品を生み出す、デザイナーのデザインへの取り組み方がわかる、美しいインテリアの展示に惹かれます。

 

 

表紙画像参照元 : BARONESS O.

参照元 : Philippe Malouin installs swing set inside grand Milanese palazzo – dezeen