オランダのデザイン会社、 Fiction Factory が作ったのは、なんと1日で完成することができるという、ダンボール紙を使ったモダンなお家。

この家は 『 Wikkelhouse 』  と呼ばれ、オランダ語でラッピングハウスという意味だそうです。その名の通り、木の枠のベースに、リサイクルしたダンボール紙を何十にも巻いて強化して作ってあり、さらに、その上を防水加工された木の板でカバーされています。しかも、家は自分で自由にサイズをカスタマイズできるというから驚きです !

エコなイメージの強いオランダならではの、斬新で素敵なアイディア 。いったい、どのような工程で作られているのでしょうか ?

wikkelhouse_240416_09

きっかけは、ダンボール紙で作った模型から

 

Fiction Factory が最初にこのアイディアを思いついたのは、ダンボールで作った家の模型からだったそうです。

三角の屋根がついた家の模型を、トンネルのようにどんどんつなげることができる。そうすることで、家のサイズを自由にカスタマイズできるという、シンプルだけどありそうでなかった発想です。

元々、保温性に優れているダンボールは、被災地の避難場所などでも多く使われています。さらに、2層3層に重ねたものは、強化ダンボールと呼ばれ、その強度は木材並みだそうです。

wikkelhouse_240416_02

使われているダンボール紙も、ただのダンボールでなく、リサイクルして作られた再生紙のダンボールを使用しています。

wikkelhouse_240416_04

このダンボール紙を、予め作っておいた家型の木の枠に、コンベアーを使ってどんどん巻いていきます。

wikkelhouse_240416_05wikkelhouse_240416_07wikkelhouse_240416_08

片面に接着剤を付けたダンボールは、全部で合計24回ほど巻かれます。2、3層で木材並みの強度ですから、24層では、かなり強い強度だと考えられます。

wikkelhouse_240416_06

工場で加工されたパーツの一個の重さは、6000kg ほどとかなりの軽さ。通常、家を建てるのに必要な基礎工事などもほとんどなく、このダンボールで作ったパーツつなげていくだけで、工事時間や人件費もかなり削減されることが想像できます。

wikkelhouse_240416_12

表面は、防水加工をほどこした木製パネルで表面をカバーし仕上げられます。壁の色は色を塗るなり、壁紙を貼るなり、自由にデコレーションも可能です。

wikkelhouse_240416_10

キッチンやクローゼット、バスルームは後付けです。長方形の箱と考えれば、寝室やダイニングなど間取りや、水まわり、窓の配置は、自由に設定することができます。

wikkelhouse_240416_11wikkelhouse_240416_13

モダンでおしゃれなデザイン。多目的に使えるシンプルなスペースは、オフィスや学校など、さまざまな用途に使われることが期待できますね ! wikkelhouse_240416_14

被災地などで、家の建設や建物などが急激に必要な時も、1日で丈夫な家を建てることが可能な上、家を廃棄するときは、素材をふただびリサイクル再生することが可能だそうです。

今後の広がりがかなり期待できる、ユニークで斬新な建築デザインではないでしょうか ?

 

 

参照元 : Houses made from cardboard? Really? It’s true, and these people are making them – contemporist