北欧モダン部屋といえば、定番はモノトーンの配色。白×黒の静かなカラートーンが主流です。しかし、ストックホルムの不動産サイト、Fantastic Fran ではモノトーンだけではない、美しいカラーを取り入れた北欧モダン部屋が紹介されています。

北欧モダンのベーシックさを感じさせつつ、淡いピーチピンクカラーを取り入れた、春らしい色づかいのお部屋。今年、インテリア業界の中でも注目を浴びている、” 淡いピンク ” は女性だけでなく、ユニセックスに受け入れられるカラーです。

北欧部屋づくりや、リノベーションの参考になりそうな、インスピレーションの湧く空間。優しいピーチピンクに包まれれば、心も穏やかにリラックスして過ごすことができそうです。

scandi2

一部の壁色のみをピーチカラーに、心落ち着くワンルーム

 

こちらの部屋の間取りは、広めの玄関ホールがあるワンルーム仕様となっています。

ベッドルームはないので、リビングのソファーがベッドとしても兼用されています。玄関から向かって、一番奥の壁とコーナーになる壁の部分のみを、淡いピーチピンクにペイント。床や天井、窓枠は、北欧モダン部屋に多く見られる、真っ白な塗装で仕上げられています。

SFD559B9506AB3E4413AF61C22F4DF1F8C4_2000x

コーナーに置かれたソファー兼ベッド。背景の壁色は、淡いピーチピンクとなっています。

グレートーンのシーツや、ブラックのサイドランプなど、インテリアの仕様は、モノトーン北欧部屋と変わらないデコレーション。

『 淡いピーチピンク 』 は、モノトーンカラーのインテリアともよく馴染むということが検証されています。

image2

キッチンとの間に置かれた小さなワゴンは、ひとり暮らしのお部屋に便利なアイテムとなりそうですね !

image5

シャワーのみのユニットバスも、一部のタイルをピーチピンクでコーディネートしています。グレーカラーの収納棚は、ここでもピンクといい相性。大きめのサボテンを飾った、シンプルな魅せる収納方法も、ぜひ真似してみたいポイントとなっています。

image92

こじんまりとしたキッチンは、モノトーンで統一

 

キッチンにも、ピーチピンクカラーを取り入れているのかと思いきや、こちらはモノトーンのみで統一感を出しています。ここがフェミニンになりすぎない、北欧モダンならではのカラーコーディネートのポイントではないでしょうか ?

image6

キッチン横に併設された、小さなダイニングスペース。大人2~3人が食事を取るのには、十分なスペースとなってます。

パーテーションにもなっている、ボロボロの加工をほどこした窓枠が、モダンとミックスされることで、味わいのある空間となっています。

scandi1

独立した広めの玄関ホールには、靴を履く時や荷物を置くにも便利なベンチを配置しています。

コンパクトなベンチは、IKEA ( イケア )がイギリスのデザイナー、イルゼ・クロフォードとのコラボで手がけた人気コレクション、SINNERLIG / スィネリグベンチ( ¥1,8000 )

image91

女子になりすぎない、春カラーの北欧モダン部屋。お部屋づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか ?

 

 

参照元 : DISPATCH FROM SCANDINAVIA | A PEACHY HOME – POPYTALK