建築家 Robin Williams ( ロビン・ウィリアムズ )は、オペラ歌手であるパートナーと共に、世界各国を旅してながら数年間を過ごしました。長い長い旅路の後、彼が地元であるオーストラリアに設計したベース、『 Villa Marittima 』 は多くの建築デザイン賞を受賞し、世界中を魅了させることとなります。

『 Villa Marittima 』 は、ロビン氏自身が幼少期を過ごした、クイーンズランド州の美しいビーチ近くの実家で体感した、家の雰囲気や想い出からインスパイアされたデザインです。

海の色を感じさせる濃いブルーや、太陽が反射されたプールのターコイズブルーなど、時間帯によって色を変えるさまざまなブルーカラーが、ポリカーボネート製の壁に透過し、美しいコントラストを生み出す幻想的な空間となっています。

architect-robin-williams-australian-beach-house-6

ポリカーボネートってなに?

ポリカーボネート製の壁を用いた建築様式が、数多くの建築デザイン賞で高く評価された 『 Villa Marittima 』 。

あまり聞き慣れないポリカーボネートという素材は、アクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれる一種で、透明性・耐衝撃性・耐熱性難燃性・寸安定性などにおいて、高い物性を示す物質だそうです。

多くはCDやDVDなどの電子機器、身近なもので言えば、航空旅客機の窓や哺乳瓶など、さまざまな身の回り品にも使われています。

16034

三面をガラスで囲んだ暖炉、その背景に見えるプールは、彼が幼少期を過ごした、クイーンズランドの実家での体験を元にデザインされています。

広々とした真っ白の空間が、自然の力によってさまざまな様相を魅せる、美しく幻想的な世界観の邸宅です。

architect-robin-williams-australian-beach-house-4

目の前に広がる絶景のオーシャンビューを、モダンかつパノラマチックに演出する、美しいコーナー窓のデザイン。ほんとにガラス付いているの !? というような、限りなく透明にちかい窓が印象的です。

architect-robin-williams-australian-beach-house-2architect-robin-williams-australian-beach-house-3

光の透過を計算したガラスの角度によって、ユニークな錯覚を生み出す設計デザイン。非日常だけれども、プールという娯楽感が、シンプルな空間に楽しさや躍動感を感じさせます。

16036

オープンに開いたプールは、太陽の光をたっぷりと透過し、キラキラとターコイズブルーに輝きます。

architect-robin-williams-australian-beach-house-5

そのプールは、一階のフロアからガラス張りになっており、こちらの空間は深いブルーが、パープルとグラデーションに。ひとつの家なのに、さまざまな表情を表現している、魅力的な設計デザインです。

16039

参照元 : Architect Robin Williams’ Australian Beach House Is a Minimalist Gem – HYPEBEAST , Houses Awards

 

『 透明感のあるブルー 』 に関連した厳選記事