台北の建築デザイン事務所、Alfonso Ideas が手がけた小さなワンルームアパートメントは、モダンなインダストリアルテイストのインテリアが魅力的です。

縦長のアパートメントは、手前に書斎兼リビングコーナー、パーテーションを挟んでベッドスペース、奥にバスルームとキッチン兼ダイニングを備えています。

この限られた面積に、こんなにも充実した生活動線が確立されつつ、部屋がスッキリと見えるのは、家具の配置にポイントがあるようです。果たして、どんな工夫がされているのでしょうか ?Industrial-loft-style-apartment-in-Taipei-City

極薄パーテーションで部屋をスッキリと分ける

 

この部屋ですぐに目につくのが、リビングコーナーとベッドスペースを分ける、スチールとガラスでできたパーテーションです。オフィスや店舗などで使われていそうな、シンプルで幅薄のパーテーションは、限られたスペースの間仕切りとして、もってこいのアイテムとなっています。

Ultra-sleek-metal-and-glass-partition-between-bedroom-and-living-space-used-as-magazine-rack

2枚のパーテーションの向きを反対に設置することで、リビング側にもベッド側にもマガジンラックを取り入れる工夫がされています。

マガジンラックには、ただ雑誌をゴミゴミと並べるだけでなく、目のつく位置に、おしゃれな表紙のもの置いたり、ポストカードをはさんだり、すき間を空けて雑誌を飾るのも美しく魅せるポイントとなっています。

マガジンラックの前には収納ボックスにもなる、ユニオンフラッグのビンテージ風トランクが重ねて置いてあります。上にはビンテージの扇風機を設置。やりすぎない演出が、部屋をかっこ良くみせるコツとなっています。

Revitalized-vintage-trunks-add-color-and-class-to-the-small-living-spaceView-of-living-area-and-bedroom-from-the-kitchen-of-the-tiny-apartment

リビング兼書斎は照明がキーに !

 

窓のないリビング兼ワークスペースは、天井から当てたスポットライトがポイントとなっています。

スポットライトの利点は、自分の好きな場所に照明を当てれるところ。ポイントになる家具や、大きめの家具部分に当てると、間接照明のような味のある演出が可能です。

スポットライトのないアパートでも、自分で後から既製のものを付けたり、それが難しいときは、角度の変えれるスタンドライトや、クリップ式のライトでスポットライト風の照明効果を演出するのもいいアイディアではないでしょうか ?
Brick-accent-wall-section-delineates-the-TV-zone-form-the-rest-of-the-interiorBrick-wall-section-and-metal-partitions-give-the-Wu-House-an-industrial-appeal

狭くても充実したキッチンづくり

 

明るい窓辺に設置されたダイニングテーブル。朝食やランチ、友人が来訪した際のティータイムにも利用できる、自然光の入るダイニングは捨てがたいポイントです。

ビンテージ風のペンダントランプは、部屋のインダストリアルな雰囲気にピッタリのチョイス。キッチン側と窓側の壁は、なめらかなエナメル加工がされていて、油汚れなどの掃除や手入れにも便利な素材です。

Window-and-pendant-light-combine-to-provide-ample-illumination-to-the-kitchen

キッチンは、シンクとコンロだけのシンプルなもの。冷蔵庫も壁際に埋め込まれています。

調理台にもなりそうなダイニングテーブルは、足の部分に収納もついています。スチール脚のチェアを用いることで、場所を取らず空間をシンプルに保つことが可能です。

Small-kitchen-and-dining-space-that-is-also-used-as-home-officeSmall-kitchen-in-the-corner-of-industrial-modern-Taipei-City-apartment-with-a-tiny-dining-station

バスルームはシャワーだけの至ってシンプルなデザイン。ガラスの間仕切りがあることで、ユニットでも気兼ねなくシャワータイムを楽しめます。

Tiny-bathroom-with-glass-door
アパートメントがあるのは、台北市でもローカルに人気のリンセン北路エリアだそうです。都市部でのひとり暮らしの参考になりそうな、家具の配置や演出が魅力的なワンルームとなっています。

 

 

参照元 : All About Space: Tiny Industrial Loft Style Apartment in Taipei City – decoist