以前にも、見ているだけでゾクゾクしてしまうような、断崖絶壁に吊り下げられたスリリングな家をご紹介しましたが、今回さらにちょっとソワッとしてしまう様な、崖に関するユニークな家のデザインを発見しました。

この家のデザインを手がけたのは、オランダとギリシャを拠点とする建築デザイン事務所、OPA (Open Platform for Architecture) で、現在、地中海東部のエーゲ海に、建設が予定されています。

地上階にプール、強化ガラスで覆われた海に面した大きな窓からは、ダイナミックなオーシャンビューを楽しむことができます。そして何と言っても、50段の階段を降りてくだる居住空間では、頭上のプールからキラキラと光がもれ、まるで海中にいるかのような、幻想的な雰囲気を味わえるのです。

opa-casa-brutale-04

コンクリート製の階段を降りて行くと、そこには地上階のプールが創り出す、海の中を体験できるような、透明感あふれる空間が広がります。

opa-casa-brutale-06

断崖絶壁の中から見るエーゲ海の景色は、まさにこの家でしか味わえないもの。高い天井までつづく大きな窓は、強化ガラス製で耐久性にも優れています。

opa-casa-brutale-07

大きな窓ガラスからの光と、頭上のプールからの光が交じり合い、不思議な光のプリズムを感じる幻想的な空間。

opa-casa-brutale-08

自然がおりなす光と、コンクリートの無機質な組み合わせは、海底の沈没船のようなイメージも感じさせます。

opa-casa-brutale-09

リビングの他にもベッドルームとして使えるロフトも完備。

opa-casa-brutale-10

プールに近いベッドではより光が反射していて、まさに海の中で寝ているかのようです。

opa-casa-brutale-11

通常の人は中々選ばないような、断崖絶壁というロケーションですが、中の空間はまるで竜宮城のよう。

opa-casa-brutale-05

プールが地上階にあり、そこから光を取り込むという、新しい発想に惹かれますね !

 

参照元 : OPA Has Designed a Conceptual Cliffside Home on the Aegean Sea – HIGHSNOBIETY