樹齢100年というバリーオーク( 北米に広く分布するナラ科の落葉樹  )を守るためにデザインされた、北カリフォルニアのモダンな邸宅。

家のフォルムは、アメリカではラッキーチャームとして親しまれている、馬のひづめに装着する蹄鉄( ていてつ )をイメージして作られ、上から見ると巨木を囲むような形状となっています。

スチールやストーンをミックスさせた、現代のカリフォルニアハウスを連想させる外壁や、モダンでシンプルなインテリア。家のどの部屋からも、大きなオークの木を見ることができる、素敵なデザインが魅力的です。

contemporary-architecture_120716_03

Photography by Joe Fletcher

大きく枝を広げた、樹齢100歳のバリーオークが、この家のシンボルです。中庭には、この巨木の木陰を楽しむために、広々としたラウンジとウッドデッキが用意されています。

contemporary-architecture_120716_02

Photography by Joe Fletcher

スチール( 鋼板 ・こうはん )と大きな窓は、モダンなカリフォルニアハウスの代名詞。乾燥につよく、水はけのよいやライムストーンの外壁は、周りの木々になじむナチュラルカラーとなっています。

contemporary-architecture_120716_04

Photography by Joe Fletcher

落ち着いたトーンのニュートラルカラーに、緑の葉を茂らせた中庭の大きなオークの木がよく映えます。

インテリアのカラーは、ベージュやクリーム系のヌーディーなカラーを中心にチョイスされており、ナチュラルな雰囲気の明るい空間です。

contemporary-architecture_120716_05

Photography by Joe Fletcher

キッチンの背面の大きな窓からも、絶大な存在感を見せる巨木。大木を望むカウンターは、至福の一杯を楽める最高の特等席です。

contemporary-architecture_120716_07

Photography by Joe Fletcher

contemporary-architecture_120716_06

Photography by Joe Fletcher

木の背丈にほど近い大きな吹き抜けの階段。ブラックのスチールに、モダンでエレガントなラインを感じます。

contemporary-architecture_120716_09

Photography by Joe Fletcher

デザイン・設計 :Feldman Architecture

ランドスケープデザイン :Bernard Trainor + Associates

インテリアデザイン :Toni Ambus Design

contemporary-architecture_120716_042

Photography by Joe Fletcher

 

 

参照元 : This California Home Was Designed Around A 100-Year-Old Oak Tree – contemporist

 

関連記事