待望の日本でのサービスが開始された 『 ポケモンGO 』 。

すでにアメリカでは社会現象までに発展し、史上まれにみる大ヒットを記録しており、初代ポケモン世代が多く存在する、日本での大ブームも予測されています。

海外では、 ポケモンGO をより楽しむための周辺グッズがすでに発売されています。今後、日本での展開も期待されるグッズの解説をふくめ、どんなものが注目されているのかをのぞいてみましょう!

pokedrone-by-trndlabs_dezeen_1568_12

image : dezeen

Pokemon GO Plus

 

すでに公式サイトから販売予定(  税抜 3,500 円  )が予告されている、リストバンド型ポケモン検知用デバイス 『 Pokemon GO Plus ( ポケモン ゴー プラス ) 』

たとえば、子どもがこのリストバンドをつけて、スマホから離れた外に遊びにでかけたときでも、ポケモンが近くに出現するとリストバンドが振動し、ポケモンの存在を教えてくれるというもの。ポケモンのいる方向にリストバンドを向けると、真ん中のランプが光りポケモンを捕獲。

外で捕まえたポケモンの情報はスマホに自動転送されるので、帰宅後に家のスマホで記録を確認できるということです。

これがあれば子どもたちのスマホ依存が避けられる他、事故の原因などにもなる、いわゆる 「 歩きスマホ 」 を防止にもなります。

≫≫Pokémon GO Plus wristband

pokemongo-plus-wristband-design-technology_dezeen_936_0

image : dezeen

 

Pokédrone

 

90年代のポケモンブーム時代には存在しなかったドローンも、ポケモンGO用の探索装置として活用されます。『 Pokédrone ( ポケドローン )』 という手のひらサイズのドローンは、川の上など捕まえにくい場所にいるポケモンを、上空から探査し捕まえるというもの。

pokemongo-pokedrone-design-technology_dezeen_936_0

image : dezeen

専用のコントローラーをスマホに装着し、ドローンを操作できるようになっています。ドローンを飛ばすことと、ポケモンGOが一体化した、二度たのしいアイテムです。

≫≫ Pokédrone

 

Pokéball portable charger

 

pokemon-go-ball-160721_7_01

image : go2android

ポケモンボール型のポータブル・スマホチャージャーなるものも登場。ポケモン探索にでかける際に、一緒にもっていくアイテムとして上げられます。

ロンドンがベースのデザイスタジオ、Ramzan Vong がデザインしたもの。

腕に抱えてよし、バックパックに入れてもよしのファッショナブル !? なアイテム。友達と同時にチャージもできるので、みなに喜ばれそうなアイテムです。

≫≫ Pokéball portable charger

pokemongo-pokeball-charger-phone-technology_dezeen_936_0

image : dezeen

 

Poké Radar tracking app

 

グーグルマップを使って、ポケモンのトラッキング情報を共有できる、『 Poké Radar tracking app ( ポケ レーダー トラッキング アプリ )』。ポケモンGOのコミュニティーが運営しており、マップ上のどこでどのポケモンを発見したかを、キャラクターのアイコンで確認できるようになっています。

どのように探したかというヒントや、そのヒントによって発見できたなどのレビューを入れることも可能。ファン同士の絆が強まるアプリで、日本語化が期待されます。

≫≫ Poké Radar tracking app 

pokemongo-poke-radar-phone-app-technology_dezeen_936_0

image : dezeen

大人も子どももとりこになる、魅力的なポータブルゲーム。ルールを守って安全第一に。夢中になりすぎて無理をしないようにが鉄則だそうです。

夏休みということもあって、ポケモンGO をきっかけに外に出かけるのも、いいプランではないでしょうか ?

 

参照元 : Five products that have already been designed for Pokémon GO – dezeen

 

POP-UP

dodla-bottombanner