トルコのエーゲ海側の小さな町、チェシュメ。町の名前は噴水という意味で、オスマン帝国時代に造られた、古い噴水が多く存在する美しい町です。

この町の小高い丘に、バックヤードから海を見下ろす、美しいモダンな3階建ての邸宅、『 Ma Vie La 』があります。デザインは、トルコの建築事務所、Selim Erdil によるもの。

コンクリート製の外観の裏庭部分の壁には、ウッドのブラインドが取り付けられ、開閉することでさまざまな表情と景色を生み出します。

tum9783

家の裏手側に面した2、3階の窓部分に、ウッドのブラインドパネルが設けられています。

contemporary-architecture_040916_03-800x1078

建築材にはコンクリート、ウッド、ガラス、石などをメインに使い、モダンかつリゾート感を感じる雰囲気です。

contemporary-architecture_040916_04-800x1199

自由に開閉できるブラインド式のウィンドウカバー。3階部分の室内は、天井も開閉できるブラインド付き。

contemporary-architecture_040916_06-2

光を取り入れたいときは、ブラインドを開けて。美しいラインが大理石の床と、真っ白なソファに映り、まるでストライプ柄のようになっています。

contemporary-architecture_040916_051

ブラインドはカーテン代わりにもなるので、プライバシーもばっちり守られます。

contemporary-architecture_040916_06-800x1078

夜風の気持ちいい夜には、窓もブラインドも全開に。海からの風が部屋を通り抜けます。

contemporary-architecture_040916_05-800x1534

緑や花も多く植えられた、海も見れる屋上庭園。ウッドデッキには廃材風のものが使われています。広いルーフトップテラスになっており、ダイニングとラウンジコーナーが設けられています。

contemporary-architecture_040916_082

一階のバックヤードには広い芝生とブランコ、オーシャンビューのプールを完備。

contemporary-architecture_040916_07-800x534

夜には、部屋のあたたかい光がブラインドから漏れ、ロマンチックなスポットライトが星のように目立ちます。

contemporary-architecture_040916_09-800x1198

 

 

参照元 ;  This home of concrete and wood overlooks the Aegean Sea – contemporist