クラシックなフォルムが人気のキャンピングカー、「 Airstream エアーストリーム 」 から、SV車でもけん引きが可能なトレーラー、 『 Basecamp ベースキャンプ 』 が、2017年版としてリニューアルし、2016年10月に発売予定となっています。

新しく追加された機能としては、Bose のBluetooth スピーカー、ソーラープレワイヤーキット、スマホを充電するのに便利なUSBポート付きのテクノロジードック、車内の温度や温水を管理する高効率換気システムなどを搭載しています。

現代の生活にフィットした快適トレーラー

よりアップデートされたキッチンやシャワー、トイレ、さらにパワーアップした収納システムなど、現代の生活にフィットした仕様が特徴。

特に、今回のデザインで注目すべき点が、マルチプルユーズというキーワード。例えば、シャワーヘッドは、取り外して外のホースに繋ぐことが可能であったり、キッチンのシンクや電子レンジは、使わない場合のコンテナスペースにも早変わり。

airmkt-basecamp-floorplan-river-rock-print

image ; AIRSTREAM

ひとつの機能だけでなく、多面性を計算したデザインがふんだんに盛り込まれています。

キッチン前の大きなパノラマ窓は解放感あふれるデザイン、ベースキャンプの特徴のひとつです。料理好きの方にとってはうれしいシチュエーションですね。

airstream-basecamp-teardrop-trailer-4

image ; gearjunkie

冷蔵庫や二口コンロ、電子レンジや広いシンクを搭載したニューキッチン。まるで、自宅のような快適な調理タイムを満喫できます。

折り畳み収納できるソファーコーナーは、両サイドに収納することで、カヌーや自転車の専用ハッチとしても使用が可能です。

airstreams-mini-trailer-big-on-features-01

image ; AIRSTREAM

ソファーコーナーはさらに、ダブルサイズベッドにも変身。ゆったりと大人ふたりが寝れるスペースとなります。

airstbasecamp1

image ; AIRSTREAM

高効率換気システムで、部屋の中を常に快適な温度に保つことが可能です。

airstream-basecamp-interior-700x467

image ; gearjunkie

エアーストリームのいいところを凝縮させつつ、最新のテクノロジーに対応した、現代にぴったりのトレーラー。価格も日本円で約350万円台とリーズナブルな設定となっています。

 

詳しいインフォメーション ; Airstream ( エアーストリーム )

参照元 ; You Can Now Buy A Mini-Airstream Trailer For $35K – co.design

airstream-basecamp-trailer