水上のボートハウスといえば運河の国、オランダを思い浮かべますが、おとなりの国ドイツにもたくさんのボートハウスが存在するようです。

新しい土地に引っ越しをしたいと思った時も、ボートハウスなら家自体が移動できるという手軽さもあってか、昔から運河や湖の多いヨーロッパでは、ボートの上に生活をする人も多く、またアメリカのような船型とはちがい、波のない運河にも対応した、イカダのような平底のデザイン( はしげ型、もしくはバージ )のものが大半を占めます。

ドイツ・ハンブルグの Eilbek 運河に浮かぶ、 『 Traumfänger ( 英:Dream Catcher )』 も、平底ではしげ型のボートハウスのひとつ、ウッドのラインが美しいモダンなデザインが話題をよんでいます。

1082052375

デザインを手がけたのは、同じくドイツ・ハンブルグを拠点とする、Rost Niderehe Architects ( ロシュト ニダーチェ アーキテクツ ) 。ボートハウスの室内は、ホワイトをベースとしたモダンでフラットな明るい雰囲気です。

1082052394

外観の美しいウッドラインのカーブが、そのまま室内にもつづくかのように、内壁にもなめらかなカーブがデザインされています。

1082052432

キッチンはもはやボートの中の付属的なものではなく、立派な一軒家と同様の、機能的でスタイリッシュなかたち。ここだけ切り取ってみると、普通に陸地の家のように思えます。

1082052462

リビングからはバルコニーにも上がれるようになっており、雰囲気は一軒家かマンションそのもの。しかし、屋根の内側に映された水面の光が、ここが運河の上だということを思い出させます。

1082052487

一階にもうけられた寝室からは港のグリーンが見え、とても気持ちが良さそうです。

1082052515

波のない運河で過ごす快適で気持ちのいい一時、日本では考えられない建築と立地条件は、一度でいいので泊まってみたいと感じさせる憧れのデザインです。

 

 

参照元 : Modern Houseboat (7 pics) – my modernmet