アメリカのオンライン専門マットレスショップ、『 Caspar ( キャスパー ) 』 が宣伝に採用したのは、お昼寝専用のブースを設けた大きなトラックでの全米ツアー

自慢のマットレスを使った、4つのお昼寝用ベッドルームを備えたトラックは、ボストンからマイアミまでを運航する予定で、専用のWEBページから予約を行った人たちが、実際にトラックのブース内でお昼寝体験ができるそうです。

お昼寝ツアーの様子は、随時 Twitter( ツイッター ) 上で公開されるそう。広大な土地を持つアメリカならではの、ユニークなマットレスの広報活動に、海外メディアも注目しています。

4つのブース内はウッドの壁に、間接照明が心地よさそうな空間。オンラインショップだと寝心地がわからない…という、ユーザーに向けて予約試乗会ならぬ、 ” 試し寝 “ が楽しめるようになっています。

nap-truck_130915_02

” ベッドタイムストーリーズ ” と書かれた受話器。お昼寝時に、おとぎ話の読み聞かせも付いているようす。

nap-truck_130915_03

お昼寝体験時には、このスクリーンを閉めて、ぐっすりとマットレスの寝心地を堪能できるそうです。

nap-truck_130915_04

アメリカならではのユニークな宣伝方法ですね !

naptour-full-3

お昼寝トラックが今回訪れる都市は、ボストン、ニューヨーク、ワシントンDC、フィラデルフィア、ナッシュビル、アトランタの6都市で、自社の専用ページから、お昼寝予約が可能となっています。

 

参照元 : This Napmobile Was Designed To Sell Mattresses – contemporist