時間をかけてこだわり仕上げたマイホーム・お部屋を、海外のインテリアブログや雑誌に出てくるように、美しく写真撮影してブログやインスタグラムへ投稿したり、今流行りの Airbnb ( エアビーアンドビー)用に使いたい !

しかし、実際にカメラを構えて撮ってみても、せっかくのオシャレ部屋が、写真の中ではちょっと普通に見えてしまう…なんてことが多いのではないでしょうか ? プロが撮る写真には、どのようなコツがあるのでしょう 。

今回は、イギリスの人気インテリア・メディアサイト、Apartment Therapy ( アパートメント テラピー )の記事を元にした、プロが教えるインテリア・室内写真撮影の5つのコツをご紹介したいと思います。

( photo via. SWEDISH STYLE HOME – My world apart. )

dangling-caged-lightsface

おしゃれなインテリア・室内写真撮影 5つのコツ

 

1 )  邪魔なものを排除する !

2 ) アングルを見極める

3 ) テーマとなるものを見つける

4 ) スタイリングすることを恥ずかしがらないで !

5 ) 写真にひとひねり加える

 

 

1 . 邪魔なものを排除する !

 

撮影を始める前にしなければならないことは、お部屋をよく見せること。これをしなければ、撮影ははじまりません。もちろん、日頃からこだわりを持つ人は、私の部屋はキレイだし、いつ写真を撮ってもいい状態だと思っているでしょうが、他人の目からどのように見えるのかというのは、中々理解しにくいものです。

キレイに見せるコツとしては、写真の中に写る全ての表面を片付けること。棚やテーブルに置いてあるものは一旦下げ、その上で写真に写したいもののみを戦略的に置いていきます。

生活感そのままの光景は、ある意味かっこよく見えるかもしれませんが、写真の中では、まばらに散らかっているものが引き立って見えてしまいます。ものがたくさんあるような写真でも、実は計算しつくされたもの。

カメラを手にする前に、もう一度部屋のチェックを入念に行ってください。

( photo via. PLAYHOUSE BY THE BEACH. – SF GIRL BY BAY )

interiorphoto

 

2 . アングルを見極める

下手なアングルのチョイスは、せっかくの写真をダメにしてしまいます。アーティスティックに撮影しようという考えは捨てましょう。成功する撮影方法としては、通常の視線を保つこと、まっすぐ直線的に、もしくはちょっとした角度をつけたアングルにすることです。

もしできるのであれば、対照的な線を意識することで、目に留まる写真を撮影することができます。必要であれば、家具やデコレーションを動かしたり、もっと適したアングルに身体を移動させることも試してみてください。

何度も繰り返し挑戦してみることが、いい写真を撮る結果へと導いてくれます。

( photo via. Mercado Restaurant in Bratislava, Slovakia – Design rulz

mercado-designrulz-11

 

3 . テーマとなるものを見つける

人やペットがメインとなる写真とちがって、室内やインテリアの写真を撮るのには、焦点を決めるのが難しいところです。ここがプロか素人かの差にもなってきます。

まずは写真の中で、何が重要かを決める必要があります。前景と後景を何( どこ ) にするかを決めた上で、その場面に入る戦略的なアイテムたち( インテリア ) を決めなければなりません。

いい写真には必ず、ひとつかふたつメインとなるアイテムが含まれています。何度も調整が必要ですが、満足のいくまで場面づくりをしてみましょう。

( photo via. Compact and luminous minimalist penthouse in Barcelona – 1kindesign )

Minimalist-Penthouse-Attic-Katty-Schiebeck-08-1-Kindesign-600x343

 

4 . スタイリングすることを恥ずかしがらないで !

計算しスタイリングされた空間を、決してズルをしているように思わないでください。それはただ、一番ベストな状態を作っているというだけです。

小物をまとめたり、色を加えるために他の部屋からアイテムを移動させたり、自分ではアリバイ工作しているような気分になるかもしれませんが、写真を見ている人は、いつもこの状態なんだわ ! というくらいにしか思わないもの。

あなただけの特別な小さなものを、写真の細部にいれてみませんか ? そうすることで、よりオリジナリティーがあり、興味を引くような写真ができあがります。

( photo via. design attractor

Swedish-style-home-01

 

5 . 写真にひとひねり加える

撮影後に明るさを調整したり、画像の不要な部分を切り取ったり( トリミング )することは、大抵のプロの写真家が必ず行っていること。プロが使っている写真加工用ソフトウェアがなくても、無料で写真・加工ができるものを用意すれば十分です。

撮影した写真の中から、これだというものを厳選し、数分ほど編集に時間をかけることで、よりパーフェクトな作品ができあがります。

写真加工なんてしたことないという人も、遊びのつもりでやってみてください ! そんなに難しいことではないと感じるはずです。

( photo via. Lounge in Style with These Deck Furniture Ideas – decoist

Deck-furniture-ideas-

ソフトをダウンロードせず、オンラインで無料写真加工するのに、Google +でアカウントを作るのが便利です。アカウントを無料登録し( Gmail のアドレスを持っていれば、そのままログイン可能 )、Google フォトに写真をアップデートすれば、編集画面で写真の明るさを簡単に調節したり、トリミングすることも短時間で出来てしまいます。

( photo via. A House United: Reimagining a Brooklyn Brownstone – REMODELISTA

Drew-Lang-Carroll-Gardens-townhouse-remodel-Ty-Cole-photo-Remodelista-4

 

いかがでしたでしょうか ? この5つの方法を加えるだけで、プロ並みのおしゃれなお部屋を撮ることが可能だそうです。今からでも試せる方法ばかりなので、ぜひ実行してみてください。

 

 

参照元 : 5 Ways to Make Any Room More Photogenic – apartment therapy