韓国国内最大の家電メーカーであるサムスン電子( 英 : Samsung )は、今までのありふれた液晶テレビという概念を捨て、インテリアとしてのデザインを重視した液晶テレビ、『 Serif ( セリフ )』 を発表しました。

世界的インテリアデザイナー、Ronan and Erwan Bouroullec ( ロナン & エルワン・ブルレック )とのコラボによる美しいデザインは、裏面にシックな布地を貼り、ごちゃごちゃとした配線をカバーしたり、好きな小物をデコレーションできたりと、ミニマルなスタイルが注目を浴びています。

サムスンはこの液晶テレビの発売により、各家電メーカー同士が競争の激しい液晶テレビ市場に、新たな旋風を巻き起こすことになるのでしょうか ?

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-06-818x654

今回、サムスンがデザインを依頼した、Ronan and Erwan Bouroullec ( ロナン & エルワン・ブルレック )は、実の兄弟であるフランスのデザイナーユニット。デザイン・オブ・ザ・イヤー等、数々の賞を受賞しており、 Vitra ( ヴィトラ )、Kartell ( カルテル ) をはじめ、世界的な家具メーカーとのコラボでも有名。代表作にはハーマンミラー社オッソチェアなどが上げられます。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-gallery12

Serif ( セリフ )TVの ” Serif セリフ ” とは、タイポグラフィにおいて文字のストロークの端にある小さな飾りを意味し( ※ セリフ文字参照 )、液晶の枠は横から見ると、アルファベットの 『 I 』 を表しています。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-gallery10

この 『 I 』 の部分はセリフ文字の特徴を表した、カーブが付いたフォルム。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-09-818x779

幅広な部分を利用して、上にフィギュアを並べたりと、インテリアの飾り棚としての役割も果たします。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-01-818x655

サイズは24,32,40型が用意されており、カラーはホワイト、ダークブルー、レッドの3色から選べるようになっています。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-03-818x571

また、付属の細い脚を付けることで、よりモダンでスタイリッシュな、スタンド状にすることも可能。どんな部屋にもマッチするデザインが魅力的です。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-gallery09

どんなにスタイリッシュな液晶テレビと言えど、ゴチャゴチャした配線から生活感がでてしまいますが、 Serif ( セリフ )シリーズは、おしゃれな布地で配線をカバーし、裏面からも美しいデザインをキープ。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-14-818x856

モダンなパターンの布地から作られた背面カバーは、インテリア家電としてのこだわりを感じます。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-10-818x770

家具のデザイン工房から生まれた、れっきとしたインテリアである液晶テレビ。家電の概念を超えた、インテリアの魅力をかんじる新鮮な作品です。

bouroullec-samsung-serif-television-designboom-18-818x546

液晶テレビとしての性能も世界的に認められているサムスン。北欧でも人気のある家電メーカーが、世界的なインテリアデザイナーとコラボした液晶テレビは、さらに話題を呼びそうな予感ですね。

 

 

参照元 : ronan + erwan bouroullec reinterpret samsung’s serif TV as a piece of furniture – designboom , Gizmodo