憧れのパリ ! の街並みを象徴するのが、おしゃれなアパルトマン。このアパルトマンが立ち並ぶ光景は、実は19世紀中頃( 今から約200年前 )にできたものだそうです。

今回は、この美しいパリのアパルトマンの建築様式、オスマニアン建築 ( 仏 : Haussmannien )についてのお話です。

さらに後半では、パリジェンヌたちのおしゃれなインテリア術や、オスマニアン建築 のアパルトマンを、おしゃれにリノベーションした、モダンなお部屋もご紹介したいと思います。

( Photo via. NY habitat

オスマニアン建築 ( 仏 : Haussmannien )とは ?

オスマニアン建築 ( 仏 : Haussmannien )と呼ばれるアパルトマンのデザインは、19世紀中頃、パリ知事ジョルジュ=ウジェーヌ・オスマンが、当時フランスを統治していたナポレオン3世 ( Napoléon III, 1808-1873 )と共に計画した、 パリ市街の改造によって生まれたものだそうです。

当時の主要な交通手段であった、馬車の交通増加に伴い、道幅を広げ広い並木道をつくり、さらに私達のよく知る凱旋門や、広場から放射状に広がる大通りを建設したのもこの時。下水道なども整美され、今のパリの原型的な街並みが整えられたのです。

( Photo via. Parisian fields  )

gustave_caillebotte_-_jour_de_pluie_c3a0_paris

モダンな街並みに伴い、新たに集合住宅として建造されたのが、このオスマニアン様式のアパルトマンだそう。

オスマニアン建築 の外観的特徴としては、正面の入り口が、幌( ほろ )付き馬車も通れるように二枚扉になっている事。またアイアン( 鉄 )の格子を使った、かわいらしいバルコニーも特徴的です。

当時、最上階は使用人が住む部屋として使われていました。そこへは専用階段で上がるようになっており、同じ建物でも全く別の空間として扱われていたそうです。他の部屋にくらべ天井も低く、トイレやシャワーの設備が共同だったりするので、現在では、低賃料で学生向けに貸し出されていることも多いそうです。

( photo via. globe traveller  

tumblr_lwipgqn5MV1qbwy7jo1_1280

オスマニアン建築 アパルトマンの室内は高い天井に、中世を感じるロマンチックなモールディング( 天井や壁の装飾 )が、ザ・パリ ! という雰囲気。基本的に暖炉付きがふつうですが、現在は使えないものも多く、もはやデザインとしてそのまま残されているそうです。

室内の特徴そのニは、parquet ( パーケット ) と呼ばれる、ヘリンボーン ( 魚の骨のかたち )の細工をほどこしたフローリング。実は、ルーブル美術館の床も、このデザインだそうです。

( photo via. BRIGHT

appartement_haussmannien_avenue_foch_paris_16e_02

おしゃれなパリジェンヌたちは、どうやって古いアパルトマンに住んでるの ?

ファッションにも敏感なパリジェンヌたちは、もちろんインテリアも同様におしゃれに工夫を凝らして住んでいます。

古いオスマニアン建築のアパルトマンは、賃貸でもDIYやセルフリノベーションOKという場所が基本多く、みなさん壁の色を塗り替えたりするのは当たり前。

さらに、パリと言えば蚤の市も有名ですよね !  感性のいいパリジェンヌたちは、マーケットで見つけたインテリアや雑貨を、持ち前のセンスを活かし、上手にデコレーションしています。

( Photo via. shoe junks

Parisienne-hoge-hakken

ビビッドな配色がおしゃれな、ファッショナブルなオスマニアン様式アパルトマン

最後にご紹介するのは、オスマニアン式のアパルトマンのモダンなリノベーション実例です。

注目したいのは、テキスタイルや色の組み合わせ。クラシックなベースを活かしつつ、1960年代を意識したミッドセンチュリーモダンな雰囲気がかっこいい空間となっています。

092615facepari

カウンターキッチンは、60年代のモダンで華やかなバーをイメージした、ブロンズのペンダントランプがおしゃれ。

カーキ色の革張りにしたバーチェアと、カウンターの深いネイビーの配色がしっくり落ち着いています。

parisian-apartment-haussmannien-2

今秋注目のマスタードカラーのシーツに、モノトーンとボーダー、幾何学模様柄の組み合わせは、ぜひ参考にしたいテキスタイルと色の組み合わせです。

parisian-apartment-haussmannien-3

オスマニアン建築の特徴である、暖炉やモールディング装飾を活かしつつ、周りを飾り棚でモダンに演出。

ドレスの柄を選ぶように、アームチェアの柄も周りの雰囲気に合わせて選ぶ、パリジェンヌのセンスを感じるリビングです。

parisian-apartment-haussmannien-1

最もファッショナブルだな ! と感じるのが、この洗面所の収納です。収納ボックスとタオルは、エルメスを思い起こすオレンジで統一。床のブルーと相性のいい配色で、もはや芸術的な空間と言えるのではないでしょうか ?

parisian-apartment-haussmannien-4

古いアパルトマンも、まるでファッションを変える様に、時代や気分に合わせて演出してしまうパリジェンヌたち。スウェーデンやデンマークなど、北欧テイストとはまたちがう、パリのおしゃれなアパルトマン様式も気になりますね !

 

 

参照元 : Adding Color to Parisian Haussmanian Apartment – Trend land