イタリアのスタートアップ企業、 bulbo ( ブルボ 伊:球根 )が考案した2つのライト、『 cynara ( シナーラ )』 と 『 quadra ( クァドラ )』 は、特殊なLEDライトが野菜を直に照らし、成長に必要な光合成を助けるというもの。日の当たらないアパート暮らしでも、一年中、自分でつくった野菜を堪能できる ! という、優れたアイテムです。

これまでも、自家栽培用のキットは発明されていますが、どれも今イチ実験室の道具のようなデザインで、栽培されている野菜も不健康な感じでした。しかし、この素焼きのポットとアルミ製のランプは、ナチュラルなフォルムも美しく、インテリアとしても最適な上、オーガニックなデザインとなっています。

都会の生活だと家庭菜園を楽しむスペースがなく、もはや野菜を自家栽培するなんて、夢の中のできごとだと諦めさえ感じていました。しかし、このライトがあれば、その夢が実現できそうです。

framemag-ddw-shop-bulbo-cynara03-253094_slide

コードの色もシルバーの他にレッドもあり、インテリアとしてもなじむ自家栽培用ライト、『 cynara ( シナーラ )』。ちなみには、チョウセン アザミ( 花名)の意味だそうです。

bulbo-cynara-and-quadra-designboom01

ライトのコードは専用のスタンドで立てて使うほか、長さの調節をし吊るすこともできます。

framemag-ddw-shop-bulbo-cynara-253079_slide

植物の成長に合わせて、高さを調節可能です。

bulbo-cynara-and-quadra-designboom06

オーロラと呼ばれる、あらゆる植物の光合成を助けるのに最適だという、特殊なLEDライトを採用しているそうです。

bulbo-cynara-and-quadra-designboom04

ハーブやフラワー、食用の野菜から多肉植物まで、多彩な種類を部屋の中で育て楽しめます。ちょっとした照明ライトにもなりますね。

bulbo-cynara-and-quadra-designboom03

『 quadra ( クァドラ )』 は、ポットを置くようのラックが付いているので、キッチンの料理台の上や、棚の上など好きな場所へ設置ができます。

bulbo-cynara-and-quadra-designboom07

今、まさに育てているハーブたちを、その場で摘んで料理に加えることができる。

「 今日はうちでつくったハーブをサラダに入れました。 」 なんて、あの理想としていたセリフを実現できます。

bulbo-cynara-and-quadra-designboom08

見ためもナチュラルでオーガニックな雰囲気の自家栽培用キット。都会やひとり暮らしでも家庭菜園を気軽に楽しみたい ! ミニマルな農業体験を実現してみませんか ?

 

 

 

販売 : bulbo : cynaraquadra

参照元 : BULBO CYNARA AND QUADRA LED LIGHTS ENCOURAGE PLANT GROWTH IN HOMES – entertainment today