アメリカの通貨でペニーとは一セント銅貨。 日本で言う1円玉のような小銭です。道端に多く落ちているペニー。ほとんどの人は拾おうともしないし、とくに気にかけていません。

しかし、 ラッキーペニー という言われもあり、「 幸運のコイン 」「 道に落ちているペニーを拾うとその日、運が良いわよ 」などというセオリーもあります。

アメリカの金融サービス会社、Ally Financial ( アリー ファイナンシャル )社が仕掛けたのは、正真正銘のラッキー・ペニーキャンペーン。100000 cents と書かれた、オリジナルのラッキーぺニーを拾うと、その価値なんと1000ドル(約10万円)となるそうなんです。penny

Ally Financial ( アリー ファイナンシャル )社は、10月18日に1000ドル分の価値のあるラッキーペニー100個を、ロサンゼルス、サンディエゴ、デンバー、オースティン、シカゴ、ニューヨークなど、全米でも歩行者が特に多い10都市にばらまいたと発表。

ally-1024x396

キャンペーンの期間内、12月31日午後11時59分(アメリカ東部標準時)までに、そのラッキーコインを見つけた人が、見事に10万円を受け取れるということです。

▽Ally Financial ( アリー ファイナンシャル )社オリジナルのラッキーペニーpennies

Ally Financial ( アリー ファイナンシャル )社はさらに、Twitter上でラッキペニーが隠されている場所のヒントも公開。トレジャーハントの感覚で、道端の1セントに目を配る人が増えそうです。

 

参照元 ; 100 ‘Lucky Pennies’ Scattered Across the U.S. Are Worth $1,000 Each – Snopes.com