台湾の建築デザイン事務所、 KC Design Studio が手がけた新作リノベーションは、小さなワンルームマンションの一室。

グラフィックデザイナーとアパレル業を営むカップルが住むこの部屋は、2人が世界中からコレクションした” Toy ( トイ )” を飾るための場所を重視した、ユニークでファッショナブルなお部屋です。

部屋はクラシックとモダンを融合させたスタイルで、片側の壁面をグレーの飾り棚付きクローゼットに。ロフトは一見、狭そうに見えますが、すっぽりとベッドが入る空間となっています。

The-Toy-House-03-850x637

部屋の壁面は収納力たっぷりのクローゼットを配置。自慢のコレクションをディスプレイできる飾り棚や、液晶テレビを置けるスペースも設けています。

The-Toy-House-09-850x638

もう片側の壁側には、さまざまなかたちの鏡やフレームをデコレーション。クラシックとモダンを融合させた、オリジナリティあふれるインテリアスタイルです。

The-Toy-House-02-850x567

アパートなのに、玄関から段上がりというのが一軒家っぽく素敵です。

The-Toy-House-06-850x1275

実はこのスペースはキッチンでもあります。モダンな幾何学模様のタイルで、玄関とキッチンを分けています。

The-Toy-House-05-850x1135

階段下はキッチンの収納棚に。狭いスペースを有効に使うアイディアです。

The-Toy-House-07-850x1135

ひとつの空間を多目的に使うことで、ワンルームでも贅沢な生活クオリティーが保てます。

The-Toy-House-08-850x1135

ロフトはベッドスペースに。カーテンで仕切れるのでプライベート感もバッチリです。

The-Toy-House-11-850x637

そのロフト下は、広々としたバスルームです。あえてパーテーションを、乳白色のガラスにすることで、リビングから自然光が入る、明るい空間となっています。

The-Toy-House-12-850x1135

ロフト付きワンルームとは思えない充実感。二人暮らしにピッタリですね。

The-Toy-House-10-850x637

ロフト付きワンルームの可能性を、最大限に引き出したリノベーションデザイン。とても参考になりそうですね!

 

 

参照元 : A Tiny Apartment in New Taipei City – HomeDSGN