オランダ・ロッテルダムをベースにするデザイン会社、Atelier Robotiq が手がけたのは、ロボットと共に作るモダンなランプ、『 Fiber Pattern Lamp ( ファイバーパターンランプ )』。

Fiber Pattern Lamp ( ファイバーパターンランプ )は、Atelier Robotiq が開発したソフトを使った初めての作品だそうで、宇宙事業にも使われる特殊な繊維を使ったランプづくりは、ロボットが約100メートルもの繊維をコイルのように編んでいくというもの。

ランプシェードはなんと iPhone6 よりも軽量ということで、人間の手でしかなしえないこともありますが、これはまさに人の手では生み出せない、美しい技術だと言えるのではないでしょうか ?

Fiber-Pattern-Lamp-Atelier-Robotiq-2

UFO のような円盤型のランプシェード。宇宙事業にも使われる繊維は、 iPhone6 以下の重さだそうです。

Fiber-Pattern-Lamp-Atelier-Robotiq-4

まずは、人の手と目とで木型をつくり、そこにロボットが繊維を編んでいきます。

Fiber-Pattern-Lamp-Atelier-Robotiq-5

アトリエでスタッフの一員として働くロボット。

Fiber-Pattern-Lamp-Atelier-Robotiq-6

その精巧さはロボットならでは。ロボットと人との共同作業で生まれたランプシェードです。

Fiber-Pattern-Lamp-Atelier-Robotiq-7

光を通すと部屋全体に美しいウェーブ模様が現れます。

Fiber-Pattern-Lamp-Atelier-Robotiq-3

3Dプリンターをはじめとしてテクノロジーが、ファッションやインテリアのデザインに組み込まれることが、当たり前の時代となってきましたね。

 

 

参照元 : A LAMP MADE WITH THE HELP OF A ROBOT – Design Milk