海外ならではの、カラフルでかわいいお家が立ち並ぶ街並み…絵葉書の中のような世界は、ぜひこの目で確かめてみたいものです。

今回は、そんなカラフルな街並みを持つ地域を、11選まとめたエントリーをご紹介したいと思います。

 

詳細は以下から。

 

1.Cinque Terre – チンクエ・テッレ・イタリア

 

チンクエ・テッレは、イタリア北西部地方の海岸の街。

断崖に建つカラフルな家々は、村の人たちが1000年以上かけて作り上げてきた、美しい景観だそうです。

家は4.5階立てのものが多いそうで、山手にはブドウ畑が広がっています。

 

2.Nyhavn – ニューハウン・デンマーク

 

デンマーク・コペンハーゲンの、観光地として知られるニューハウン

ニューハウンは、17世紀に国王によって開かれた港で、“ 新港 ”という意味を持ちます。

カラフルな家々は、アンティークショップや飲食店などの、人気マーケットとなっています。

 

nyhavn-harbor-copenhagen-denmark

3.Guanajuato – グアナフアト・メキシコ

 

グアナフトは、ユネスコ世界遺産に登録されるほど、美しい街並みです。

近くには銀山があり、スペインの植民地時代に整備された、コロニアル建築が特徴。

メキシコ・シティーからバスで5時間だそうです。

 

4.Burano – ブラーノ・イタリア

 

ブラーノは、イタリア・ヴェネツィアの島。

昔この地方では、冬に漁師が帰港する際、霧に見舞われることが多かったため、自分の家を見つけやすいように、カラフルに色を塗ったのが由来とされています。

レース編みも盛んだという…なんだか、メルヘンチックな島ですね。

burano-venice-italy

5.Salvador – サルヴァドール・ブラジル

 

ブラジルの北東部にある湾岸都市サルヴァドール

カラフルな街並みがあるのは、歴史地区のペロウリーニョという町。

町にはカラフルな教会もたくさん存在していて、見所がたくさんありそうです。

 

pelourinho-salvador-bahia-brazil

6 . St. John’s  –  セントジョーンズ・カナダ 

 

カナダの東北部にあたる、ラブラドール半島に位置する港町。

日本のマグロ船が停泊する港もあるそうです。

遥か遠い土地で、日本の漁師さんにばったり出会えるかもしれません…

 

st-johns-newfoundland-canada

7.Balat – バラット・イスタンブール / トルコ

 

バラットはユダヤ教の礼拝堂や、教会、木造家屋が立ち並ぶ、異国情緒あふれるエキゾチックな街並み。

夜はひとり歩きが危ない地域ですが、昼間は古い建物と下町人情のある、どこか懐かしいような雰囲気だそうです。

 

Balat-aden-hotel

8.Lima – リマ・ペルー

 

ペルーの首都、リマ

カラフルな景観は、不法に立ち続け、山の中腹まで到達してしまった、低所得層が住む家屋となっています。

少し複雑ですが、上にそびえる山の頂上には十字架が…。

ペルーの現状を目の当りにできる、圧倒的なスケールの眺めとなっています。

 

lima-picture

9.Stockholm – ストックホルム・スウェーデン

 

実は14の島々からなるスウェーデンの首都、ストックホルム

カラフルで古いヨーロッパ建築がのこり、昔読んだ物語を思い出す…ロマンチックな景観です。

 

sweden

10.Valparaíso – バルパライソ・チリ

 

バルパライソは、日本語で“ 天使の谷 ” という意味を持つそうです。

カラフルで絵画のような街は、迷路のような街並み。

 

colorful-valparaiso-city

11.Willemstad – ウィレムスタッドキュラソー島(オランダ自治領)

 

ウィレムスタッドキュラソー島は、カリブ海に浮かぶオランダの自治領。

オランダの植民地時代に建った、パステルトーンの街並みが美しい。

家屋のデザインは、オランダの首都・アムステルダムのようです。

 

picture-view

 

七色に輝く街並みは、人間の作った宝石のような景観です。

それぞれの地に住むひとたちが、幸福やふるさとを愛す意味で作られた、パワーを感じる眺めですね…。

 

 

11 The Most Colorful Cities In The World You Must Visit – Home Decorating Trends