アメリカ・シカゴ生まれの、リリー・ボーンさん( 若干11歳 )が考案したカップ、『 Kangaroo Cup 』 がクラウドファンディングサイト、キックスターターで見事成功をおさめました。

ふつうの小学生であった彼女が、このカップを考案したきっかけは、パーキンソン病である愛する祖父のため。

病気のために手が震え、飲み物を入れたカップをこぼすたびに、落ち込む祖父の姿を見て、壊れないカップを作りたいという想いをかたちにしたそうです。

3031501-slide-kangaroocuphero

 

試行錯誤につくったカップのモデルたち。

はじめは陶器工房に訪ね、陶磁器製のものから作りはじめたそう。

 

3031501-slide-kangaroocupprototypes

 

発明家の父や周りの大人たちの助けもあって、キックスターターに 『 Kangaroo Cup 』  を発案し、資金を達成。

BRA フリープラスチックという、人体へ悪影響のある化学物質をふくまない、健康的な素材を使い、カラフルなカラー展開も考え制作されています。

 

3031501-slide-lilywithrenderings

 

現在、彼女がキックスターターで発案中の、『 Kangaroo Cup 』 は、重ねてストックもできるすぐれもの。

 

3031501-slide-kangaroocupstackable

 

3つの脚が安定感があり、ピクニックや野外イベントでも活躍しそうです。

 

3031501-slide-kangaroocupsteady

きっかけは、パーキンソン病の祖父のためでしたが、今やヘルスケア用品としてでなく、幼児から大人まで用途多様に使えるカップとして注目を浴びています。

 Kangaroo Cup 』 は、彼女のキックスターターページから、現在25米ドル ~ 購入が可能です。

 

 

参照元 : 11-Year-Old Makes An Unbreakable, Spill-Proof Cup For Her Ailing Grandfather – fast company