IKEA (イケア)のストアに行って楽しいことのひとつが、さまざまなスタイルにコーディネートされた展示ブースを体験することです。部屋づくりの参考にもなり、そこにあるアイテムを実際に手にすることで、完璧に近い理想の居住空間をイメージさせてくれます。

ただ、このノルウェイのIKEAストアのブースは、訪れた人を驚かせています。それは、華やかにコーディネートされた他のブースとはちがい、ブロック壁にマットレスもない、質素でシンプルな部屋だから。

10月17日から10月31日の2週間に渡って展示された、この 『 25平方メートルのシリアの家 』。期間中、4万人の来場者の目に触れ、なんと2200万ユーロ(約25億円)の寄付金を集めることに成功したそうです。

ikea-syrian-room-1

IKEA(イケア)がノルウェイの赤十字団体と、広告会社とコラボレートして企画した、シリア難民支援のプロジェクト。

シリア難民の暮らしをテーマにした、特別な展示ブースです。通常はIKEAの家具をスタイリングするための場所ですが、そのスペースを活用し、私たちが普段は知りえないシリア難民の暮らしを伝えています。

ikea-syrian-room-7

このブースの家のモデルとなったのは、シリアに実在する難民女性の家。彼女はこのわずか25㎡ほどの、コンクリートブロックで囲ってあるだけの家に、10人の家族で住んでいます。ikea-syrian-room-3

壁にはブースのモデルとなった、RANAさんの子どもたちの写真が飾られています。彼女はシリアの中でも安全だと言われる、首都ダマスカスのとあるエリアに、家族と生き延びるために逃げてきました。

逃げてきた時には、この場所を借りるのに精いっぱいで、子どもたちのためのブランケットや洋服さえ買うお金もなかったそうです。

ikea-syrian-room-5

部屋を再現したブースには、彼女たちの私物を再現したレプリカも置いてあり、それぞれのアイテムには、通常プライスを載せているタグとは、異なるタグが付いています。

このプライスタグには、彼女たちがどのようにその道具を使って暮らしているのかや、どのように生き延びてきたかというストーリーが記されています。

さらに、それぞれのタグにはどうやって、シリア難民を支援できるか、寄付金の方法も載せられています。

ikea-syrian-room-4

私たちがシリアに行って、現実を見るということは、ほぼ不可能です。

しかし、等身大のイケアのブースは、私たちにリアリティーを感じさせてくれるもの。その良さを活かすことで、そこにある、私たちとの暮らしとはかけ離れた、別の世界に住むひとたちの現状を直に教えてくれる、実に斬新な取り組みです。

ikea-syrian-room-8

これからも斬新な方法でアプローチする、IKEAの難民支援のプロジェクトから、目を離せませんね!

 

25m2 SYRIA from POL on Vimeo.

参照元 ; IKEA Surprises Visitors By Recreating Syrian Home Inside Their Store – boredpanda