シープスキンとカバノキでつくられたナチュラルベッド

01-catissa-geobed-is-a-modern-bed-made-of-natural-birch-plywood-with-a-trendy-geometric-look-775x570トレンドのジオメットリックなデザインと、天然のカバノキ、シープスキンでつくられた、おしゃれなキャット用ベッド。三角にカットした木板を組み合わせて作られたベースに、シープスキンのふわふわしたカバーがセットされています。

ねこちゃんだけでなく、小さなドッグにも対応可。部屋のインテリアとも馴染みそうな、シンプルでモダンなデザインが素敵です。

販売; Catissa Geobed – €225.00

参照元; Natural Birch And Sheepskin Cat Bed – DigsDigs

02-there-are-three-different-finishes-available-and-a-comfy-sheepskin-cushion-inside-775x566

涙は女の武器というけれど、実際にそうなっちゃった !?

3065409-poster-p-1-a-steampunk-super-soaker-that-weaponizes-your-tears

先日開催された、Dutch Design Week にてお披露目されたのは、台湾出身の学生 Yi-Fei Chen が制作した、Tears Gun 。その名の通り、涙を使った銃なのです。流れた涙をすくいとり、それを高速冷凍で固めて発射するという、ユニークで斬新なコンセプト。

実際に撃たれても外傷になることはないそうです。彼女がこのアイディアを思いついたのは、外国で学生として勉学に励む厳しさの中で、なんども涙を流す場面が多かったからだそうです。

参照元 ; This Design Student Built A Gun That Weaponizes Tears – Co.design

Tear Gun from Yen-An Chen on Vimeo.

 

やりすぎ !? お金を燃やして暖をとるなんて(涙)。

amarist-studio-too-much-ii-coffee-table-1

50ユーロの束が暖炉の燃料として燃やされていく…あなたは、この事実どうやって受け止めますか。全く、お金持ちの考えることときたら!と腹を立てるひともいるでしょう。

安心してください。フェイクです。こちらは、スペインのデザインスタジオ、Amarist Studioが彫刻家、Alejandro Mongoとコラボしてつくった作品。ガラス、紙、レジンをつかい作ったものだそうです。

作品 ; TOO MUCH? II – Amarist Studio
参照元;This Glass Coffee Table Features a Large Heap of Burning Money

amarist-studio-too-much-ii-coffee-table-3

人とテクノロジーによるコラボデザインで完成した椅子

elbo-chair-is-next-level-algorithm-generated-design_565

Elbo chairは、3Dデザイン、ソフトウェアエンジニアリングを担う会社、Autodeskのインターンである、Arthur Harsuvanakitが制作した、人とテクノロジーとのコラボでできた椅子です。

彼女が開発を手掛けたのは、デザイナーたちがデザインに多く使用するCADシステムをつかったもの。数ある中からある椅子のテンプレートを選ぶだけで、あとはCADの中にあるアルゴリズムが自動的にオリジナルのデザインを完成させてくれるというのです。

出来上がった椅子は、まさに世界にひとつだけのもの。見たこともない曲線美が魅力的です。

参照元; Elbo chair is a next level algorithm-generated design – Homecrux

 

本物のキノコのような幻想的なランプ

mushroom-1

日本人アーティスト、Yukio Takanoさんがデザインしたのは、流木の上に輝くキノコたち。

どのランプも本物そっくり。レジンを固めて作ったフォルムに、ちいさなLEDライトを仕込んでいるそうです。海外でも注目の作品ですが、日本国内のみの販売だそう。

Takano氏は大のきのこフリークだそうで、数百種もあるキノコの中から、どれをつくろうかというのが作品をつくるときのワクワク感なんだとか。

インタビュー;at home VOX

mushroom-3

開かないビンの蓋にもうストレスを感じさせない!

何を試してみても開かないビンの蓋。そのストレスを回避してくれる、かわいいキッチンツールを見つけました。

Zip _ Eat! と呼ばれるこのアイテムは、どんなサイズのジャーにも対応します。シリコン製のベルトをビンの蓋に巻き、ジップでちょうどいいサイズに調節します。

ビンを開けるときの力を補助してくれる、滑り止めのような役割を担います。

販売;Zip _ Eat! – OTOT

zip-eat-jar-opener-by-ototo