日本とアメリカ両方で建築士として活躍する Taeg Nishimoto ( スタジオ : TN/MO )氏がデザインした SEED ( シード )は、壁に掛けられるタイプのモダンなプランターです。

ひとつひとつ異なるフォルムは、川の小石をモチーフに作られており、川の流れにけずられながらできた、自然が生み出したコロっとした形は、それぞれに個性があふれます。

紙でつくられているの ? と思いきや、素材にはタイベックというポリエチレン製不織布に、速乾性のあるコンクリートを使用しています。エアプランツや多肉植物を植えるのに最適な、オリジナリティあふれるデザインです。

IMG_1362B-cargo_1000

小石の自然のフォルムをモチーフとしたさまざまな形と、多種多様な植物のコンビネーションが楽しいデザイン。

IMG_1643B-2-cargo_1000

シンプルな壁を個性的にしてくれる、たくさん並べても少なめに並べても絵になります。

seeds_211215_04

自然から生まれたデザインなので、ナチュラルな植物と合わさると、魅力的な存在感が現れます。

seeds_211215_02

タイベックというポリエチレン製不織布と、速乾性コンクリートから作られたフォルムは、まるで紙をくしゃくしゃにしたかのような、凹凸のある質感がオリジナリティーにあふれます。

seeds_211215_05

静かなデザインの中に個性を感じ、植物と合わさることでさらなるアート感が増す、素敵なプランターですね !

 

 

参照元 : Taeg Nishimoto has designed the SEED planters – cotemporist