スイッチひとつで、ウッドデッキからプールへと早変わりするユニークなアイディア。プールを持つ家庭に多い、子どもやペットの転落事故を防ぐためにも考案されたものだそうです。

手がけたのは、イスラエルの AGOR  という会社です。例えば、大勢でパーティーをする際は、はじめはバーベキューや食事を楽しむデッキとして使用。その後はスイッチを押してプールタイムへ ! 安全かつ、庭の敷地を有効活用できるシステムとなっています。

pool-covers_030616_02-2

https://gyazo.com/0eec475e033819ae141862d7d85c13ff

使用されている素材は、木材合成プラスチック。防水力と速乾性に優れた材質となっています。

pool-covers_030616_02-3

他にも、庭のスタイルに合わせたデザインや材質が用意されているようです。

pool-covers_030616_02-(1)

また、このプールの特徴は、自分で深さを自由に切り替えることができるということ。子ども中心で遊ぶ時には浅めに設定、大人が遊ぶ時には深めにと、その時々によってカスタマイズできるのです !
pool-covers_030616_06-1

https://gyazo.com/616393416c745a9b5a72abfeec868ebc

pool-covers_030616_06-(2)

プールはどの家のサイズにも対応するそうで、既存のプールをリノベーションするかたちで、このシステムを組み込むことができるそうです。

オフシーズンでプールを使わないときなんかには、こういった機能があると便利ではないでしょうか?実に興味深いユニークなアイディアとなっています。

 

 

参照元 : Disappearing Pools Need To Be Seen To Be Believed – contemporist