ボスニア・ヘルツェゴビナの中央に位置する山奥、縦長にのびるモダンなウッドづくりのシェルターは、週末用の別荘もしくはスキー用のロッジとして建てられました。

24㎡ほどと、ごく小さめの面積に建てられたシェルターは、大人が1人~2人が滞在するのに十分な広さで、1階はリビング兼キッチン・ダイニング、バスルーム、2階が天井の高いベッドルームとなっています。

デザインを手がけたのは、首都サラエヴォを拠点に活動する建築デザイン事務所、FO4A Architecture です。

Winter-Shelter-02-850x850

大きな窓から雪景色を楽しむことが出来る、モダンなウッドづくりのシェルター。

Winter-Shelter-03-850x823

中には薪ストーブが備えられ、長く伸びた煙突が2階まで暖気を上げています。

Winter-Shelter-04-1-850x646

ウッドの木目が優しい雰囲気の室内には、スキー道具を置いたり、コートをかけたりする収納スペースもあります。

Winter-Shelter-04-850x697

小さめですが調理をするのに十分なキッチン。マーブル柄が今年のトレンドです。

Winter-Shelter-05-850x773

キッチン横には、簡易のダイニングテーブルにもなるデスクも完備。

Winter-Shelter-06-850x646

2階は、壁に収納たっぷりの棚を備えたベッドルームとなっています。窓辺に設けれられたベンチスペースもいいかんじですね。

Winter-Shelter-07-850x579

▼全体のデザイン図がこちら。わずか24㎡にも関わらず、高い天井の効果もあってか狭さをかんじません。

Winter-Shelter-12-850x1303

コンパクトなウッドのモダンキャビン。週末やスキーで身体を休めるのにピッタリのスペースですね !

 

 

参照元 : A Modern Winter Shelter by FO4A Architecture – HomeDSGN