スペインのモザイクタイルの会社 Hisbalit が50周年を記念し展示した、変わったモダンデザインの住居が話題をよんでいます。

modular arcades  ( モデュラー アーケード )と名が付いた、モザイクタイルが付いたアーケード風の棚は、クローゼット・ベンチ・デスクとして使用できる変わったデザイン。マドリードを拠点に活動する建築デザイン事務所、Zooco Estudio とのコラボで完成した作品です。

片側の壁は鏡ばりになっていて、そのアーケード風の棚がいくつも連鎖して見える仕組み。一見すると奥行きのある広い部屋のように感じる、だまし絵のような仕掛けがユニークです。

A-tribute-of-modular-arcades-in-Madrid-1

 

狭いワンルームをショールームとして使い、先月マドリードで開催されたインテリア・建築の大規模な展示イベント、CasaDecor  の期間中に公開されました。

 

A-tribute-of-modular-arcades-in-Madrid-2

 

入り口を入ってすぐ右側は鏡ばりの壁とベッドとソファーが配置され、周りはナチュラルなカラーリングのモザイクタイルでデコレーションされています。

 

A-tribute-of-modular-arcades-in-Madrid-3

 

アーケード風の棚は、クローゼットデスク、読書スペースなど、さまざまな用途に利用できます。棚の内側までモザイクタイルにこだわったデザインです。

 

A-tribute-of-modular-arcades-in-Madrid-4

 

白木とナチュラルカラーのモザイクタイルが爽やか、しかしインテリアデザインは未来的で異空間というMIXが新鮮です。

 

A-tribute-of-modular-arcades-in-Madrid-5

伝統的なモザイクタイルのテクニックと、現代のモダンなインテリア・デザインがコラボした、魅力的な空間デザイン。日本の狭い居住環境にも、取り入れてみてはいかがでしょう。

 

 

参照元 : A tribute of modular arcades in Madrid – A dorable Home