– ACAPULCO CHAIR –

アカプルコチェアは、1960年代に、メキシコ生まれたアウトドア用の家具。

メキシコのクラフトマンたちが、ひとつひとつ心を込めて作っており、外側のフレームにはPVCコードという、耐久性に優れた工業用素材が使われています。

今では、世界中から愛されることになった、『アカプルコチェア』。

今回はそんなデザイン椅子にフォーカスを当てたいと思います。

 

 

そもそも、『 アカプルコ 』 って…

アカプルコは、メキシコの太平洋岸にあるリゾート都市。

世界中から年間数百万の観光客が訪れ、浜辺にはたくさんのリゾートホテルが立ち並びます。

アカプルコチェアの名前は、この土地の名から由来しているそうです。

ジョン・F・ケネディーの、新婚旅行先もアカプルコ。

 

一点、一点が手作りのクラフト家具

メキシコのクラフトマンたちの手によって、作られていたアカプルコチェア。

今では、世界中のデザイナーたちがオリジナルをデザインし、

素材により強いUV加工を施したりと…さまざまなアカプルコチェアが誕生しています。

▼子どもが座るのにもちょうどいい、ホールド感。

( 参照元 : cube me

▼NY・ブルックリンで手作りされている、GREEN POINT WORKSのアカプルコチェア はレザー張り。

( 参照元 : GREEN POINT WORKS )

 

屋外でなく、室内のインテリアとしても人気

もちろん、プールサイドだけでなく、室内のインテリアとしても人気。

シンプルながらカラーバリエーションもたくさんなので、さまざまなインテリアスタイルにマッチします。

▼北欧モダン家具との相性もバッチリ。

( 参照元 : Houzz

▼豊富なカラーバリエーション

目を引くピンクや、プールサイドに合いそうなイエローやブルー。

( 参照元 : LIFE’S LITTLE JEMS )

よく目にする有名チェアのルーツは、メキシコのリゾート地にあったのですね…

60年代を代表する、デザイン椅子のひとつ。

あなたなら室内派でしょうか、屋外派ですか…

( photo : WANTCY

 

 

ちなみに、このアカプルコ…

『 La Quebrada /ラ・ケブラータ 』という有名なダイバーズポイントがあるそうです。

観光客が見守る目の前で、ダイナミックな崖からジャンプ…

メキシコらしい、スリリングなリゾート地ですね。