ポルトガルの首都、リスボンで2013年4月11日から7月11日まで開催されていた、アンディ―・ウォーホル展の模様が公開されました。

ショッピングモールの中央広場に設けられた、エキシビジョンの会場は、アルミのペイント缶を壁に見立てた迷路のような形です。

期間中、10万人を動員したという、この小さなアンディー・ウォーホルの美術館。

 

気になる詳細は、以下から。

51ef5035e8e44e6da30000a1_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_105

2つの入口と、4っのエリアに分かれた展示会場。

51ef5004e8e44e6da300009d_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_064

光を取り入れるために、天井は透明のプラスチック板で覆われています。

51ef4fc7e8e44e94e50000bc_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_021

ウォーホルがこよなく愛したアトリエ兼スタジオ、ファクトリーも、アルミフォイルと銀色の絵具で覆われた空間であったそうです。

会場もファクトリーを意識した、アルミのペイント缶でいっぱいです。

51ef4fbbe8e44e6da3000097_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_014

会場には、アメリカ出身のアーティストの原画、32点も展示されました。

51ef4fc7e8e44e6da3000098_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_02251ef4fd4e8e44e6da3000099_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_02651ef4fe0e8e44e6da300009a_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_04451ef4fe1e8e44ea5b70000a5_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_031

上から見たアート展の様子。

51ef503fe8e44e6da30000a2_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_113

アルミ缶に光が反射して、美しい展示空間です。

51ef501ee8e44e94e50000c0_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_090

側面には、ANDY WARHOL ICONS のロゴが、かっこよくデザインされています。

51ef5049e8e44e6da30000a3_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_127

51ef4fb9e8e44e94e50000bb_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_001

ショッピングモールの広場でアンディー・ウォーホルのアート展なんて、とてもおしゃれですね。

51ef501ce8e44e6da300009f_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_086

▼会場の見取り図

51ef5078e8e44e6da30000a5_the-andy-warhol-temporary-museum-likearchitects_floor_plan_-1-

 

アンディー・ウォーホルのアトリエ、The Factory のミューズとして活躍した、イーディの人生を描いたムービー、『 Factory girl 』 は、ウォーホルの全盛期を感じる、おすすめの作品です。

▼イーディを演じた、Sienna ・Miller ( シエナ・ミラー )のキュートさも魅力的。

 

 

参照元 : The Andy Warhol Temporary Museum / LIKEarchitects – arch daily