インテリアやアート・建築の、フレッシュな情報を配信する、メディアサイト Frame Publishers が、ロマンチックで素敵な、リサイクルプロダクト、『 SYN-oikia Pittaki 』 を取り上げました。

こちらのプロジェクトは、照明デザインや、ストリートアートを中心に活動する集団、 Beforelight によって、2012年11月に発足し、地元の人が使わなくなった、さまざまなランプシェードを使い、人気のないゴースト・ストリートに、活気を取り戻そう…というプロジェクトです。

今回は Frame Publishers の記事に加え、ギリシャのメディアサイトと、 Beforelight の facebook 等より、情報を抜粋して紹介しています。

 

詳細は以下より。

 

4-133312_slide

地元の人たちが寄贈した、不要になったランプシェードを使った、オシャレでエコなイベントです。

(via athinorama ・ギリシャのニュースメディアサイト)

21800_synoikia1

Beforelight の facebookより…地元のファッション誌の一面を飾った、イベントの模様。

546736_457259174338886_2064076915_n

彼らのストリートアートも、同時に展示。テーマはこのプロジェクトのようです。

(via Outdoor exhibition in Psyrri, Athens – Flickr

8243336697_32bc2ed6dc_c

Frame Publishers より、抜粋したフォトグラフィー。

aris-20kamarwtos-133322_slide

bw

ヨーロッパだけあって、古いとはいえどオシャレな、ランプシェードばかりです。

5-133292_slide

beforelight

地元の暗いゴースト・ストリートを盛り上げよう…という想いで、若いアート集団と地元の人々によって、成功を収めたプロジェクト。

今回は1回目だったとの事で、今後の展開にも期待大です。彼らのサイトデザインも素敵ですので、ぜひご覧ください。