ニューヨークのおしゃれな若手アーティストに注目を集める、ブルックリンのダンボ ( Dumbo ) ディストリクト。インテリアスタイリストである、Martin Bourne と、ファッションスタイリストとして活躍する、Leilin Lopezが選んだのは、古いロフトビルのワンフロア。

元々、ダンボ地区は工場や倉庫が立ち並ぶ地域だったため、近所の雰囲気に馴染めなかった二人ですが、カラフルでボヘミアンなテイストを部屋に取り入れることで、親しみを感じる快適な住まいを手に入れたそうです。

何年もかけて作り上げているという部屋は、スタイリストならではのセンスの光るインテリアコーディネート。ボヘミアンになりすぎず、モダンなテイストも取り入れた Boho ( ボーホー ) スタイルのかっこいいロフトです。

brooklyn-apartment-in-modern-boho-style2
brooklyn-apartment-in-modern-boho-style1

キッチンなど何もなく、ただの広々とした空間だったビルのワンフロア。大きなウッドのダイニングテーブルを中心に、食器を入れるシェルフや冷蔵庫を配置して、思い通りのキッチンを完成させています。

brooklyn-apartment-in-modern-boho-style3
brooklyn-apartment-in-modern-boho-style5

大きな柱を区切りに壁の色を、パステルブルーとペパーミントカラーにペイント。やさしい色合いが他の家具とも調和し、楽しくてやわらかな空間を演出しています。

思い通りの壁が塗れるワンフロアのロフトなんて、何をしてもアリという感じでうらやましい限りです。

face100616bosa

二人のホームオフィス。油絵を描くときのキャンバスのような、布を張ったテーブルが目に留まりました。この机のアイディアはDIYにも活かせそうです。

手前の壁に飾られた大きなペイントと、奥のベビーピンクの壁色が素敵なコントラスト。

brooklyn-apartment-in-modern-boho-style4
brooklyn-apartment-in-modern-boho-style6

自由な発想で作り上げられていく、スタイリストのロフト空間。住み心地のよい住まいはやはり内装から!ということを実践している実例です。住めば都。インスピレーションの湧く空間ですね!

 

 

参照元;

Brooklyn apartment in modern boho-style – the design home