私達がふだん口にする野菜や果物、最近では無農薬野菜も多く売られていますが、輸入ものを中心に、まだまだ完全無農薬の野菜を手に入れることは中々難しい状況です。

解決法としては、よく洗ったり皮を剥いたりするという方法もありますが、そのままさっと洗って調理しても中々落ちきれず、また洗う際に大量に水を流すことで、今度は水を使いすぎてしまう…という問題も発生してしまいます。

そこでアメリカの caveman factory  ( ケーブマンファクトリー ) が開発したのが、ジョウロのかたちをイメージした調理用のザル 『 ストレーナーボール 』です。

無農薬でない野菜や果物は、調理する前に約20~30分の間、水につけておく必要があるそうです。

caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-05

 ストレーナーボール 』 は、シンクの端に置くことでゆっくりと水を流し、節水しながら野菜の農薬を落とすことが可能です。

また、従来のザルのようにパスタの水切りなどにも使え、ジョウロのように流し口が細いので、手作りソースなどをジャーに入れるのにも重宝しそうですね !

caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-03

もちろん、さっと水を流したい場合は、片手で持ってボールを傾ければ、クイックに水が流れていきます。

caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-08

ザルやジョウロとしての用途だけでなく、水を切ったパスタにソースを絡める時は、そのままボールとしても使用でき、器としてのデザインも美しいので、そのままテーブルに並べることも可能です。

caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-04

ザルになる部品は簡単に取り外すことができ、お手入れも手軽にできちゃいます。

caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-06caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-02

▼ 『 ストレーナーボール 』 の使い方がよく解るPR用の動画


▼こちらは3Dで作った型のモデル。

caveman-factory-anton-strainer-bowl-kitchen-problems-designboom-07

すでに、 KICK STARTER ( キックスターター ) での資金繰りに達成し、商品化も成功しているこの商品。地球にエコに節水し、健康にご飯を食べることができるなんて嬉しいですよね !

 

 

販売 : anton strainer bowl  by caveman factory

参照元 : No-Brainer Kitchen Strainer – YANKO DESIGNanton strainer bowl by caveman factory solves multiple kitchen problems – designboom