イスラエルの陶芸家 Ronit Baranga の作品、『 Body of work ( ボディ オブ ワーク )』 は、今にも料理を食べてしまいそうな口や手が、美しい絵皿やカップから浮かび出るかのように表現された奇抜なテーブルウェア・アートです。

プレートの中に潜む口や手は、私達の身体の中とその周囲の環境との入り口を表現しているそうですが、もしもこのお皿に料理を盛られてレストランで出されたら… ?! あなたはちゅうちょなく食べることができますか ?

私はアートの世界だけで留めて欲しいと願います…。

ronit-2

ちょっとギョッとしてしまいますが、指や唇のシワまで表現された細かいデザインはとても美しく、魅了させられます。

ronit-3ronit-4

ちょっとした舌の出し具合から歯並びまで、さまざまな表情の口が表現された器たち。

ronit-6ronit-8

こちらはフォークを持って、食べる準備オッケーと言ったところでしょうか ? もはや食器が動き出しそうですよね !

ronit-9

個性的なテーブルウェアのアートは、イスラエル・テルアビブ市の Bet-Binyamini Contemporary Ceramics Center でエキシビジョンが開催されたそうです。

 

 

Body of work ( ボディ オブ ワーク ) / Ronit Baranga

参照元 : Unsettling Ceramic Tableware by Ronit Baranga Incorporates Realistic Mouths and Fingers – COLOSSAL