1LDK の親子3人で住む…小さなキッズのいる家庭では、多い住居条件なのではないでしょうか ?

こちらのスウェーデンのアパートメントも同じく、小さなキッズがいるのですが、お部屋の間取りは1LDKとなっています。玄関のちょっとしたホールスペースを、キッズの遊び場として設け、リビングを広々と使っています。

コンパクトなんですが、ほどよい生活感とすっきりシンプルな北欧ライフスタイル。さて、どんな工夫がされているのでしょう ?

001

 

ワイドな液晶テレビは、壁掛けスタイル。こちらはもはや定番ですが、リビングをすっきり見せる第一条件。

シンプルなライトのセレクト、貨物用のパレットにガラスをのせ、車輪を付けたシンプルなコーヒーテーブルは、真似したいDIYテクニック。テレビの下には横長のテーブルを置いて、ワイン箱を収納BOX代わりに使っています。

 

003

 

こじんまりとしたキッチンでのポイントは、ペンダントライトのカラーリング。天井や壁と同様のホワイトのランプで、より空間に広がりをもたせます。ダイニングテーブルも白なのですが、椅子だけはカラフルに。こういった遊び心も必要です。

 

004

 

キッチンの片側の壁のみレンガでデコレーション。ウッドの棚がよく合います。レンガが難しい方は、シール付きのタイルや、壁紙でカバーしても雰囲気は出そうですね。

 

005

 

ホワイトで統一されたベッドルーム、こちらも片側だけウッドでデコれションされています。賃貸のお宅であれば、はじめにベニヤ板を並べて後ろから、2本ベニアを当ててとめれば、壁一面のウッドパネルに。色は好みで塗って簡易の棚などもつければ、おしゃれに模様替えが楽しめます。

 

006

 

玄関横のスペースは、キッズ専用の遊び場として利用。赤とホワイトを貴重とした、統一カラーが北欧っぽいですね。IKEA で手に入りそうなかわいらしいデコレションライトは、縦に天井から垂らすのがポイントです。

 

007

コンパクトな空間でも北欧ライフを楽しくする、たくさんのテクニックがたくさんつまったお宅。あなたのお家の模様替えの参考にもいかがでしょうか ?

 

 

参照元 : Tiny Place with a Big Atmosphere – design attractor