みずみずしいコケ玉は、日本人には馴染み深く、私たちに涼と癒しをあたえてれる、かわいいアイテム。

そんなコケ玉を自分で作って、春らしいフラワーでアレンジした DIY が、海外のブログ、Poppy talk で掲載されていたのでご紹介したいと思います。

庭のスペースない、マンションやアパートメント暮らしの方でも、気軽にガーデニングを楽しむことができる、おしゃれなアイディアです。

stringgarden

 

用意するもの :

コケシート ( 盆栽に貼る用などで、ホームセンター、通販で手に入ります。 )

パンジー、ヒヤシンス、チューリップなど…ポットで売っている春らしい花の苗

ウールコード ( 手芸店で入手可能 )、無い場合はヘンプコード ( 麻紐 )でも。

 

IMG_1191

 

作り方 :

1 . まずは花の苗をそうっとポットから出し、根っこ部分を濡らしながらボール状にかたちを整えます。

この時、根っこを傷つけそうであれば、濡らした土を盛って、カタチを整えます。

 

2 . 1.) のボールを覆うくらいのサイズにコケシートをカットし、まるめた根っこ部分をつつみます。

 

IMG_1194

 

3 . コードを30センチ強くらいにカットしておきます。

その後、カットしていない方のコードを使い、はじめに上の方から巻き始め、コケシートと苗を固定していきます。

その時に、先程カットしておいた短いコードを、一番苗に近い部分に2周ほど回して固定し、長い方のコードと共にきつめに結びます。

 

IMG_1220

 
4 . 長い方のコードを、だんだんとランダムに、ボールとコケシートを固定するように巻いていきます。

巻き方は特にルールがないようなので、好きなようにアーティスティックに巻いてください。

ある程度、巻き終わったら、苗に近い部分にある紐に通し、しっかりと結んでカットしてください。

 

5 . 次にコケ玉をつるす用に、別にコードをカットして、左右のサイドにコードを結び付け固定すれば、完成です。

 

IMG_1250

コケ玉は水分をキープし、快適に植物を育みます。

カラフルなコードでしばれば、ラッピングなしでギフトとしても良さそうですね。

 

ワンポイント : コケ玉に水やりをする場合は、バケツに水をたっぷり用意し、コケ玉を手に抱えたまま入浴させるように、苗のところからブクブクブクと空気がで終わるまで、水を含ませます。

 

 

参照元 : DIY | A SPRING STRING GARDEN – Poppytalk