イタリアで最も美しい村・天空の村と称される、チビタ ディ バニョレージョに今回ご紹介の、長期滞在型バケーションハウス『 Domus Civita 』が存在します。

大きな岩山を削ってできた、この村は、約2500年前に、エトルリア人によって作られました。下界とは勾配がきつい、長い階段で結ばれ、
霧がはると、宙に浮いているようにも見え、宮崎駿監督の映画、『天空の城ラピュタ』のモデルになったとも、言われています。

1週間単位で滞在できる、『 Domus Civita 』は、14世紀に造られた、非常に古い建物ですが、資材などを運ぶのにも、大変困難なこの場所で、さまざまな努力の末、ラグジュアリーで心地よい、美しいバケーションハウスとして、息を吹き返しました。

 

詳細は以下から。

Domus-Civita_4

長い階段をのぼって上がる、困難な環境にある、美しい村。現在は住人もわずかで、静かな環境。

Domus-Civita_2

滞在が1週間からと、長期滞在型なので、客室には、専用のリビングとキッチンを備えた、メゾネットタイプのお部屋がメイン。

Domus-Civita_5

非現実的な環境ですが、犬を連れたり…普段の生活ができるところが、いいですよね。

Domus-Civita_12

かわいいシャンデリアと、さまざまなデザインの椅子が並べられた、食事がたのしくなるような、専用のダイニングテーブル。

Domus-Civita_11

天井が高く、すっきりとしたデザインの、スィートベッドルーム。

Domus-Civita_6

こちらの客室のベッドルームも、ビンテージ感のある、アーチの石壁が、味わい深いです。

Domus-Civita_7

お馴染みのイームズの椅子や、豪華なシャンデリア…上質な素材のクッションと、おしゃれな小物たちに囲まれた、イタリアらいしい贅沢な滞在です。

Domus-Civita_8

全3室の客室が、全てスィート仕様というのも、このバケーションハウスの特徴です。

Domus-Civita_15

ホテルのどこを見ても、凝った照明デザインをつかっています。

Domus-Civita_9

こちらは、鳥かごをもちいた、ユニークな照明デザイン。

Domus-Civita_10

階段の踊り場の、ちょっとしたモダンデザインの照明も、見逃せません。

Domus-Civita_14

洞窟を利用した、自慢のワインセラー。雰囲気がありますね。

Domus-Civita_13

こちらは洞窟プール。幻想的な空間が広がります。

Domus-Civita_16

プールとガーデンをつなぐ、素敵なキッチン。洞窟の中とは・・・なかなか、お目にかかれない景観。

Domus-Civita_1

プールにはホットタブも付いていて、日本で言う『洞窟風呂』の雰囲気。

古い歴史のままの外観。美しい園芸デザインも、見所の一部です。

Domus-Civita_17

外にはチビタ村の雄大な眺めが・・・まさに天空の村。

Domus-Civita_18

メゾネットタイプで、まるで一戸建てに住んでいるかのような、客室間取り図。

Domus-Civita_20Domus-Civita_21

プールや美しい庭園など・・・共用部分の間取り図。

 

 

Domus-Civita_23

ワインセラーやアートギャラリーは、地下部分に位置します。

Domus-Civita_24

公式ホームページには、リノベーションの様子を記したページも…以前の姿からは、今の美しい光景が想像できません。ぜひこちらのページも、ごらんください。

ちなみに宿泊料金は、$2950~4950/週(閑散期~繁忙期)だそうです。食事は基本、自炊もできますが、専属シェフの、おいしいイタリア料理も味わえます。

人生のひと休みに、ラピュタの世界を味わうのもいいですね。

 

 

 

参照元 : Domus Civita – A Unique Italian Retreat – DesignArch